Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤浩市、コロナ禍では「芝居も変容する」『銃 2020』会見で仕事への向き合い方を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

芥川賞作家、中村文則のデビュー小説を映画化した村上虹郎主演作『銃』(18)を、中村自身の原案・脚本で、新たな視点で描く『銃 2020』(7月10日公開)。本作の完成発表記者会見が、7月2日に吉本興業で開催。主演の日南響子、加藤雅也、佐藤浩市、企画・製作の奥山和由、原作者の中村、脚本と監督を務めた武正晴が登壇。佐藤たちが、ウィズコロナにおける仕事への向き合い方について語った。 【写真を見る】日南響子、大胆スリットのスカートから美脚をチラ見せ 偶然、拳銃を拾ったことで事件に巻き込まれるヒロインの東子役を演じる日南。本日、東京都内で新型コロナウイルス新規感染者が107人となったことを受け「どうなるのかと不安がありましたが、こうやって集まっていただいてありがたいです」と安堵の表情を見せた。 プロデューサーの奥山も「加藤雅也くんが演じる上目線のM男がやたら良くて。でも、(コロナ禍で)バラエティ(番組)での宣伝もできなかった。村上虹郎やリリー・フランキーなど、いっぱい豪華な役者が出ているので、今日もずらっと並びたかったけど、代表してこの3人になった」とコメント。 佐藤は「実は僕と加藤くん、6月に入ってぼちぼち動き出した作品があって。同じ現場にいました。改めて撮影現場に入ると、自分が何者かを再確認できました。普通に1年を過ごして感じなかったことを改めて感じられたことは良かったです」と述懐。 加藤も「僕もそうです。浩市さんと話しました」と、改めて俳優業についての気づきがあったことを明かした。 さらに、コロナ禍での撮影について質問が出ると、佐藤は「検温するし、出入りするたびに靴底や手にアルコール。本番前までフェイスガードです。でも、僕らはそれに慣れていかないといけないと、改めて感じました」とコメント。 加藤も「フェイスガードを集める、渡すという役職が現場で増えました。衛生班です。メイクも、自分でしなければいけない世の中になりました。でも、それを受け入れて、カメラの前に立てること、舞台に立てることに感謝し、仕事は当たり前じゃないってことを思っていかないといけない」と気を引き締めたそう。 佐藤は加えて、コロナ禍では「芝居も変容する」と語った。「マスクをして芝居をすることもありえるし、目だけで語るしかないシーンも当然出てくるかと。それを楽しんで演じられるようにならないと」と気持ちを切り替えていた。

【関連記事】