Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国デモ余波…ホワイトハウス前の道路が「黒人の命も大切」に改名

配信

SmartFLASH

 白人警官により黒人が窒息死した事件をきっかけとして沸き起こった抗議デモは、全米はもちろん、世界中に広がって勢いを増している。この抗議デモは、亡くなった黒人の名前から「ジョージ・フロイド・デモ」と呼ばれている。 【写真】行進するデモ隊  土曜日の段階で、ニューヨークでは市内20カ所以上でデモがあり、サンフランシスコではゴールデンゲート・ブリッジが通行止めになった。フィラデルフィアでは町中が人で埋め尽くされている様子が複数で見られ、空撮映像がSNSのトレンドになっている。結婚式直後の新婦がウェディングドレスでマーチする姿も見られた。  若い世代が主導するデモも多く、サンフランシスコの大規模デモは17歳の少女が主催者だった。ナッシュビルでおこなわれたデモは、ツイッターで知り合った6人のティーンによるもので、そのうち1人はまだ14歳。全部で2万人が参加したそうだ。

 筆者の住むシリコンバレーでは、土曜日だけで少なくとも37カ所でデモがおこなわれた。  そのうちの一つ、パロアルト市庁舎前で実施されたものに参加したが、きわめて平和的なものだった。  このデモでは、近隣の市長や、元裁判官、スタンフォード大学関係者などがスピーチをして盛り上がった後、群衆が近くの大通りを練り歩き、最後にまた市役所に戻って、主張のある者がマイクを持って話すというスタイル。ほぼ半日がかりのイベントで、NBA選手のステフィン・カリーも参加し、トランプ大統領の退陣を訴えていた。

 参加者たちは事前に呼びかけのあった黒い服を着ている人も多く、手には思い思いのメッセージを書いたプラカードなどを持ち寄っている。ほとんどが切ったダンボールにメッセージを手書きしたもので、圧倒的に多いのが「Black Lives Matter(黒人の命も大切)」というもの。このメッセージは、2013年、黒人差別や暴力に抗議する運動の合言葉となって全米に広がったものだ。    そのほか、司法の平等を訴えるもの、犠牲になった黒人たちの名前をあげるもの、団結を求めるもの、個人的なものまでさまざまである。「IF NOT NOW, WHEN?(今じゃなかったら、いつやるの?)」という、なんだか馴染みあるフレーズも見つけた。  警察署の隣がデモの場所だったが、警官は交通規制している数名を目にした程度で、あまり目立ってはいなかった。人々は「Don't shoot(撃たないで)」「No」などと声をあげながら、わりと早いペースで歩いて回る。全行程を歩くと7kmにもなる。途中、車の運転手たちがクラクションを何度も鳴らして共感の合図を送ってきたのが印象的だった。

【関連記事】