Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古川雄輝と竜星涼、デビュー10周年迎え「いい“リスタート”のタイミング」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

「リスタートはただいまのあとで」の公開記念舞台挨拶が本日9月5日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、ダブル主演を務めた古川雄輝と竜星涼、監督の井上竜太が登壇した。 【動画】「リスタートはただいまのあとで」予告編(メディアギャラリー他15件) ココミの同名マンガを映画化した本作では、都会の生活に疲れ10年ぶりに帰郷した狐塚光臣と、おおらかで優しい青年・熊井大和の純愛が描かれる。光臣役の古川は「家族愛や恋愛や成長物語、いろんな要素が入っている作品です。ラストカットを観たあとは本当に癒やされるはずです」と述べ、大和役の竜星は「この夏はあちこち移動できなかったと思いますが、旅行した気分や癒やしを届けられる作品です」とアピールした。 オール長野ロケが行われた本作。竜星は「全編通して長野の景色が美しく、寒い時期の撮影だったので澄んだ空が画面に収められています。まだダウンを着るぐらい激寒で。裸でお風呂に入るところは特に激寒でした!」と振り返る。また古川は自転車に乗って農園に向かうシーンが何回もあり、「空気がきれいで気持ちよかったです。自転車のシーンはまとめて撮ったんですけど、坂道を何往復もしたのでいい運動になりました」とハードだったがいい気分で撮影できたことを明かした。 古川と竜星、2人とも2020年でデビュー10周年を迎える。古川は「思い通りにいかない部分もあり、それこそ“リスタート”したいと思うことも多かったんですけど、これから先の10年は今まで学んだことを生かして、お世話になった方々に恩返しできるような作品に出会っていきたい。誰かのためにがんばれるような作品に出たいです」と決意を新たにした。竜星も「ずっと前に進み続けてきましたが、今年は一度足を止める時間ができて。これからのことを考える機会になり、10年という節目でいい“リスタート”のタイミングになりました」とコロナ禍での日々に言及。そして「どんな役でもやってみたいですけど……この間インド映画を観まして。キャストが特殊メイクでいろんな年齢を演じる、男同士の友情ものみたいな作品に出てみたいです」と意欲を示す。 古川が「今回はそれぞれの性格に合った役でしたが、逆もやってみたい」と提案すると、竜星は「(古川の)すごい明るい役とか見てみたい!」と同意。井上はすかさず「企画します。陽気な古川くんを(笑)」と約束する。司会者から「インド映画みたいに踊ってみては」と言われると、「ちょっとそれは……考えてもいいですか」と自信のなさそうな竜星を横目に、古川は「僕は踊ります(笑)」と断言した。また本作で監督デビューを果たした井上は「映画を観た方々から『優しい気持ちになれました』とうれしい言葉をいただいております」と感謝を伝えつつ、「光臣と大和がこの先どうなっていくのか、いろんなことを乗り越えていく2人の姿もまた描きたいです」と思いを巡らせた。 (c)映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

【関連記事】