Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

頭皮のにおいの原因は?正しいシャンプーのやり方

配信

コスモポリタン

正しいシャンプーの仕方は?

1. しっかりと頭皮をぬらし、湯洗いをする 髪だけではなくしっかりと頭皮をぬらし、まずはお湯だけで頭皮を軽く洗います。 2. 手の上でシャンプーを泡立てる シャンプーを手のひらに適量とり、泡立てます。髪に直接シャンプー剤を付けてゴシゴシ泡立てると余計な摩擦が生じたり、シャンプー液のムラができ、洗い残しの部分や、逆に必要以上の洗浄力で頭皮にダメージを与えたり、うるおいまで落としてしまったりする恐れが! 3. 頭の後ろ側からおでこに向かってマッサージするように洗う こすらずに、地肌が動く程度の力で洗いましょう。洗う順番は、えりあし → 後頭部→ 側頭部→ 頭頂部→ 前頭部→ 生え際 です。 4. 毛の流れに逆らうようにすすぐ シャワーは下から上に向けて、髪の毛の流れに逆らうように流しましょう。シャンプーの泡やトリートメントが、頭皮に残らないように注意してください。 またシャンプー前に頭皮をぬらしたり、すすぎをしたりする際は、シャワーを頭皮にあて、手のひらに貯めた湯に頭皮を浸す「ため洗い」をすることで、ぬらし・すすぎ残しを防止することができます。

POINT

◆シャンプーは「頭皮を洗う」ための行為。汚れがひどかったりスタイリング剤を使用したりで泡立ちが悪い場合や、油分や臭いが気になる場合は2度洗いをしてください。 ◆洗い忘れや流し忘れは肌トラブルのもとでしつこいフケやかゆみの原因に。洗い忘れや流し忘れの多い、えりあしや後頭部付近を意識して洗いましょう。 ◆お湯の温度は38℃くらいがおすすめ! 42℃を超えると、汚れだけでなく必要な皮脂や水分も流れてしまうこともあります。

【関連記事】