Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【規格外】馬鹿デカイ女ってどうですか?《大喜利コラム(吉田潮)vsマンガ(地獄カレー)期待しないでいいですか?③》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 コラムvsマンガ。日常の些事の「お題」に文筆家とマンガ家がそれぞれ勝手に思いを書き描く「期待しないでいいですか?」連載3回目。1回目は「喪失感」、2回目は「罪悪感」今回のお題はなんと「規格外」。コラムニストの吉田潮とイラストレーターで潮さん実姉の地獄カレーが1テーマ対決‼️ 潮さんと地獄さんは、ともに体がデカイ=BIG。具体的には普通の女性の平均身長よりはるかにデカイのだ! 「規格外」は才能なのか、コンプレックスなのか……。まずは、姉さま地獄の漫画からはじめます(毎月14日更新) この記事の写真はこちら ◼️姉・地獄カレーは「規格外」をどうマンガ【註】にしたのか・・・ 【註】Yahoo! ニュースでご覧の方は「写真・図表:BEST TIMES」を参照ください! あるいは、なお、『BEST TIMES』画面上の方で最適化されています。 ◼️妹・吉田潮は「規格外」をどうコラムにしたのか・・・  生まれたときから大きかった。出生時4050gは、その病院でも歴代1位のビッグベビーだ。さぞや母は大変だったに違いないと思ったが、そうでもなかったらしい。なぜなら、3年前に生まれた姉は、首にへその緒を巻き付けて仮死状態の難産だったから。母にとっての初産が「生まれる前から引きこもり」と思われるほどの難産。それに比べれば、私はただデカイというだけで、案外楽だったそうだ。  とにかく、肉の塊で生まれた私は縦にもぐんぐん伸びた。同じ年の子に比べて、頭ひとつ分は大きい。いや、年上の子に比べても大きかった。幼少期から大きいので、小さかったことが一度もない。未就学児のときに、乗ったバスの運転手から運賃を払え、と怒鳴られたこともあった。一緒にいた母も知らずに払ったのだ。「あ、大きいから払わなきゃいけないのか」と思った。未就学児は無料のはずなのに……。  大きさの基準は数値を書かないとわからないだろう。小学校に入学したとき、身長は126㎝、卒業時は165㎝あった(あだ名はマンモスだった)。中学卒業時は172㎝、高校卒業時は174㎝、大学卒業時は176㎝となった。女性の平均身長が156㎝くらいの昭和(~平成初期)の時代に、「規格外」であったことは間違いない。  ついでに手も足も大きい。女性用の手袋は入らないし、靴のサイズは28㎝、EUサイズなら41だ。このサイズの婦人靴を多種類揃えた店は少ない。あったとしても、中途半端で微妙なデザインの靴、もしくは日常で履くには奇天烈極まりない靴(ダンサーが履くような、華美なきらめきを施したハイヒール)しかない。 「足のデカイ女はズックか雪駄でも履いとけ!」ぐらいの仕打ちである。  今でこそ、ネットで検索すれば、世界中のサイトから自分に合うサイズの服も靴も手に入るようになったが、やっぱり「あ、大きいから払わなきゃいけないのかな」と思わされることは依然として多い。XLになると、途端に値段が上がるのだ。大量生産できないから単価が上がる、布をたくさん使うから値段が上がるなど、理由はわからんでもないが、なんか「ちぇっ」と思うのだ。  さらには、スカートを検索しているのに、XLと入れた途端に、画面には鞄や財布がズラズラと出てくる。「あたいがほしいのはスカートなんだよッ!」と啖呵を切ること百万回。気に入って、XLを買ったつもりが丈が足りない。七分丈はたいてい五分丈。手首と足首は常に露出狂。規格外の宿命でもある。

【関連記事】