Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アルファタウリ・ホンダ】前戦F1初優勝のガスリー「パフォーマンスが良かった部分をポジティブにとらえるよ」/F1トスカーナGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1初開催となった第9戦トスカーナGP(13日決勝レース、ムジェロ・サーキット)決勝レースは、最初の9周で2度の多重クラッシュが発生、2度の赤旗中断と大荒れのサバイバルレースとなった。 ●【決勝レース結果】2020年F1第9戦トスカーナGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数 前戦F1初優勝を飾ったピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は1周目でリタイアとなり、次のように振り返った。 「今日は最初の1コーナーの後でレースが終わってしまって残念だよ。 1コーナーの進入では多くのマシンがサイド・バイ・サイドの状態で、かなり混雑した状況だった。 2コーナーでキミ(・ライコネン)とロマン(・グロージャン)の間にスペースを見つけたんだけど、最終的には挟まれる形でどこにも逃げ場がなく、接触してしまった。それで僕のレースは終わってしまったんだ。 誰も責めることができない状況だったけど、大きなチャンスを逃したという意味では残念だね。 予選では結果につながらなかったけど、週末を通してペースは良く、今日は順位を上げられる自信があった。もちろんライバルとポイントをかけてレースができればよかったけど、パフォーマンスがよかった部分をポジティブにとらえ、この勢いをソチに繋げられればいいね。」

【関連記事】

最終更新:
TopNews