Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

父親歴2年のりゅうちぇる、“なめられたくない”から“自分らしい”パパへ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 子育ては親育てだとよく言われる。21歳でタレントのぺこと結婚し、翌年に第一子を授かったりゅうちぇるもその言葉を実感している一人だ。広く言動が注視される芸能界で働き、なおかつ若い年齢で親になった。愛息子誕生直後は焦燥に似た「若いからってなめられたくないっ!」という気持ちが先走り、“良き父親像”を意識し過ぎていたという。パパになって2年。現在のりゅうちぇるは「だいぶ角が取れてきました」とリラックスした表情を浮かべる。親としてはもちろんのこと愛息子に人としても育てられている、りゅうちぇるパパの今を聞いた。

 第一子となる長男・リンク君は現在2歳。「今ちょうどイヤイヤ期に差し掛かっているので、お風呂に入れるのも超大変!忍耐、勝負!まさに子育ては親育て~!」と笑い飛ばすりゅうちぇるからは、試行錯誤しながら大らかに子育てに勤しんでいる様子が手に取るようにわかる。「たしかにだいぶパパであることには慣れてきたし、徐々に角が取れていくのを感じます。自分らしく無理のない程度に子育てに向き合うことができている気がする」と実感を込める。  独創的なファションに身を包み、突き抜けた明るさを持ったカップルだったぺこ&りゅうちぇるは、バラエティ番組を中心に一躍引っ張りだこに。インフルエンサーとして若年層からも支持を集めた。そんな二人が結婚し、親になった。しかもSNSの時代。注目が集まらないはずがない。 「結婚も出産も早かったことから、自分の中で“若いからってなめられたくないっ!”という変な意識が生まれました。独身時代は自分のやったことはすべて自分の責任になるけれど、親になると自分の行いのせいで子供が後ろ指をさされることもある。だから仕事でも、自分としてはやりたいけれどパパとしてはどうなの?と考えすぎて自分の表現を狭めてしまう時期がありました。“いいパパでいなければ!”という決めつけに縛られていたんだと思いますね」

【関連記事】