Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA 大貫が自身5連勝!宮崎もハッスルプレーで勝利に貢献

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「DeNA6-2ヤクルト」(14日、横浜スタジアム)  DeNAが連敗を2で止めた。先発の大貫が5回2/3を1失点に抑え、自身5連勝の5勝目をマークした。  「ブルペンから調子はよかったです」と話す通り、立ち上がりを三者凡退。四回に村上にソロを浴びたが、順調にアウトを重ね、六回に2死から青木に右前打を浴び、村上を迎えたところで降板した。  「イニングの先頭を意識して試合に入り、その意味ではしっかり抑えられた、いい投球はできたと思います。ただし、間合いが悪いところがあり、攻撃のリズムにつなげられなかったのは反省点です」と振り返った右腕。7月14日・中日戦(ナゴヤドーム)で白星を挙げてから先発の役割を果たし続けている。  打線は初回に佐野が中前適時打。二回に神里が左中間へ適時二塁打を放った。1点リードで迎えた七回は1死満塁から佐野が中犠飛。柴田が四球を選び、なおも満塁で代打・嶺井が押し出し死球、戸柱が右前に2点適時打を放ちヤクルトを突き放した。  12日・阪神戦の七回に右手首付近に死球を食らい、途中交代していた宮崎は「3番・三塁」でスタメン出場。死球の影響を感じさせないハッスルプレーで1安打3出塁をマークした。  腎盂(じんう)腎炎で7日から欠場を続けていたソトは「6番・右翼」でスタメン復帰したが、3打数無安打で途中交代した。

【関連記事】