Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「競技だけに集中しろ」は間違い? アスリートが今こそ積極的にSNSをやるべき3つの理由

配信

REAL SPORTS

新型コロナウイルスの影響を受け、世界の日常はすっかり変わってしまった。スポーツ界においても、東京五輪はしかり、各競技の試合も延期や中止、そして選手や関係者への感染も広がる中で、アスリートたちが新たな自己表現の場としているのが、「SNS」。プレーを通じて世の中へ力を与えてくれる存在であるアスリートたちが、今、何ができるのか。『アスリートのためのソーシャルメディア活用術』(マイナビ出版)の著者である五勝出拳一氏が、彼らのSNS活用から見るスポーツやアスリートの新たな価値とは――。 (文=五勝出拳一、画像=Getty Images)

スポーツがある日常

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各スポーツリーグの試合や大会の開催延期・中止が相次いで発表されている。2月25日にJリーグが公式戦の延期を発表したことを皮切りに、Bリーグやジャパンラグビー トップリーグは、その後の2020シーズン全試合中止を発表。3月24日には、東京五輪の開催延期が決定した。コロナウイルスの収束時期次第では、さらなる延期や中止も予想される。 渦中の選手たちはコンディション調整を続けているものの、試合の再開時期が見えないだけに心身ともに休むことができない状況が続く。 最高のプレーを披露しようとトレーニングに励んできた選手たちだけでなく、スポーツ観戦を楽しみにしていたファンや、感動を届けようと準備を重ねてきたスポーツ関係者、スポーツファミリー全員がやり場のないむなしさを感じながら、スポーツがある日常が再び戻ってくる日を心待ちにしている。 人々の暮らしが保障された状況でなければ、スポーツは成立しないことを痛感させられる日々だが、歴史を振り返るとこのことはよく分かる。 夏季五輪のうち1916年のベルリン大会・1940年の東京大会・1944年のロンドン大会はいずれも戦争を理由に中止になっているし、2003年の東アジアサッカー選手権は、中国で発症した感染症SARSの影響を受けて半年以上開催が遅れた。 現状、スポーツがある日常がいつ戻ってくるのかは分からない。ただし、緊急事態である今は、スポーツよりも優先されるべきことがあることに疑いの余地はない。一日でも早い事態の収束と皆様の健康を祈るばかりだ。

【関連記事】