Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

創業130年の駅弁屋が、“何もない駅”で営業を続けるワケ──コロナ禍でも地元・国府津で売り上げは落ちず?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
メシ通

東海道線に「国府津」という駅があります。「こうづ」と読みます。

東京から行くと、小田原駅のふたつ手前。2019年の1日平均乗車人員は5,845人。

「国府津には何があるのだろう」と検索をしてみたら、3番目に「国府津 何もない」というサジェストが出てきました。

そんな「何もない」と言われる国府津ですが、駅前には130年続く駅弁屋さんがあります。 その名は「東華軒」。 東海道線の数ある駅弁屋さんのなかで、最も歴史の古いお店だそうです。

看板商品は小田原名物の「鯛めし(830円)」や……

「デラックスこゆるぎ弁当(950円)」など。 わー! この華やかなパッケージ! 中身は見えませんが、駅弁ってパッケージを見るだけでもわくわくしますね。 でも、そんな「何もない」国府津駅になぜ駅弁屋さんがあるのでしょうか。 そして駅弁は売れるんでしょうか……?  気になったので、東華軒に取材を申し込んでみました!

国府津駅からバスに乗ること15分、東華軒の本社ビルへお邪魔しました。

取材に応じてくれたのは広報の荒木さん。

駅弁工場に潜入!

荒木さん:まずは、ぜひ工場を見ていってください。 売店がオープンするのは朝の6時です。その1時間前に配達をするので、午前3~4時ごろにはこの調理場がフル回転します。

──お弁当は1日何回くらい配達をするんですか? 荒木さん:だいたい早朝(オープン前)と午後の2回運びますね。午後のお弁当は国府津や小田原の売店だと、14時半ごろには届きます。 ──駅弁も、作りたてのほうがおいしいんですか? 荒木さん:そうですね……冷めてもおいしいようには作っているんですが、時間が経つとどうしても固くなってきちゃう食材もあるので、作りたてのほうがおいしいと思います。 朝は配達してから売り出すまで1時間くらい空いてしまうので、出来たての駅弁が食べたければ、14時半ごろに売店に来るのが狙い目かもしれません。

こちらのエリアでは、肉と魚を調理しています。

【関連記事】