Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

在宅勤務の生物学者は、こうして新種の昆虫9種を最新機材なしに見つけ出した

配信

WIRED.jp

カリフォルニア州ロサンジェルス郡の自然史博物館が新型コロナウイルスのパンデミックの影響で3月半ばに閉鎖されたとき、昆虫学のコレクションマネジャー(標本管理者)のアシスタントとして働くリサ・ゴンザレスは、2~3週間もすれば戻ってこられるだろうと考えていた。ところが実際は職場にはしばらく戻れそうになく、在宅勤務を続けなければならないことが明らかになった。 初観測されたアインシュタイン・リングは、光源の天体まで「約100億光年」だった:在宅勤務中の天文学者が発見 そこでゴンザレスは、自宅にあった趣味の作業部屋を臨時の研究室に改造し、自宅で何千匹もの昆虫の標本を同定する作業を開始した。それらの標本は、博物館が主導する市民科学プロジェクトによって、パンデミック以前に採集されたものである。 通常ならゴンザレスたち生物学者が種を同定する際には、DNAバーコーディング(特定の短い塩基配列をもとに種を同定する)と呼ばれる手法を使う。化学処理などの多くのプロセスが必要で2~3時間かかるが、ぴたりと正しい答えが得られる。 自然史博物館で使っているDNAシーケンサーは、遺伝物質をポリメラーゼ連鎖反応と呼ばれる方法で増幅させる。そして同定の基準となる既存のDNAバーコードと比較することで、種を同定するのだ。 ところが、自宅にはDNAバーコーディングに必要な機材がない。そこでゴンザレスは、生物学者が17世紀から使ってきたアナログ式の機材を用いることにした。顕微鏡だ。 「過去の科学者たちが原始的な道具で偉業をなしとげてきたことに、尊敬の念を抱きます」と、ゴンザレスは言う。「自宅には長く座っていられる腰に優しいイスもなく、高性能な顕微鏡もありません。これまで当たり前だと思っていたもののありがたみを感じました」 こうしてゴンザレスは、私物の顕微鏡だけを頼りに昆虫を観察し、微細な毛の生え方や翅(はね)の形といった特徴から数十種の昆虫を同定した。それ以外にも、見慣れない昆虫を何匹か見つけたので、それらは博物館の同僚で昆虫学担当のキュレーター、ブライアン・ブラウンに託した。 ブラウンは職場から自宅に運び込んだライカ製の実体顕微鏡と、地域コミュニティサイト「Craigslist」のロサンジェルス版で見つけた生物顕微鏡を使い、9種の新種の小型のハエ目(双翅目)を発見した。「新たなことを発見するのは、いつだって素晴らしい体験です。それがこの仕事の喜びでもあります」と、ブラウンは言う。「これまでと少し違うどころではなく、常にまったく新しいものを発見できるんですから」

【関連記事】