Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神サイ、まるで映画 デビュー曲「泡沫花火」まさに神曲 映像が浮かぶ構成

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 「神はサイコロを振らない」が17日に、メジャーデビュー作でもあるデジタルシングル「泡沫花火」(うたかたはなび)をリリースした。今はもう会えない恋人を想うバラード「夜永唄」でも見られたように、作詞作曲を手掛けるボーカル・柳田周作の描写力が発揮されている。何度も聴くことで変わる物語。分析すると映画のような作りが見えてくる。【木村武雄】  歌声を表現するとき、様々な比喩が用いられる。柳田周作の歌声には「風」が合う。海辺の街なら潮の匂いを運んでくるように、風は様々な香りを運ぶ。時には冷たさや温かさも伝える。柳田の歌声はそうした「風」の役割を担っているようだ。写実的な歌詞で表現される物語、主人公の心情。それを肌や嗅覚に伝える「風」のような歌声。それは「泡沫花火」にもみられる。  叶うのか叶わないのか、儚く切ない泡沫の恋を描いたバラード「泡沫花火」。それは、「生温かい風」という歌詞で始まる。

託した思いとは

 「5年が経ちました。このバンドが始まる前、僕はただただ音楽が好きなギター少年でした。それがいつの間にか、マイクを前に歌っていて、気が付けばメンバーがいて。時に笑いながら、時に涙しながらぶつかったりして。不安定な時がないと言えば嘘になる。何度も音楽が嫌いになりそうになったこともあった。でもメンバーと肩を組み、前を進んできたから、なんとか今日この日までバンドを続けて来られています」  先日開催された無観客配信ライブの終盤。そう語ると「新曲をやって終わりたい」と告げ、歌い始めた。「泡沫花火」。ロック色の強いアッパーな曲もあるが、スローバラードを選んだ。言葉を大切にする彼ららしい選曲だ。  新型コロナウイルス禍で生活様式は様変わりした。そうしたなかリモートで楽曲制作を進めた。この曲に何を“投影”させたのか。  ピアノ、そしてストリングスのイントロは「夜永唄」でも見られたが、マイナー調だった「夜永唄」に対し、同じマイナーでも明るめにした「泡沫花火」。同じバラードでも「悲しみ」はない。  過去と今、未来を行き来する「夜永唄」ではその境目を逆再生音が担った。「泡沫花火」はどうか。シンプルなサウンドは変わらないが、ピアノとストリングスの後ろで鳴るブレイクビーツのSEが、今にも弾けてしまいそうな泡、繊細な心を表現している。  また、「貴方」を二人称で使用していることや、<煙草の煙が鼻を擽るたび/幼い私を少し背伸びさせる>という表現から、主人公がまだ幼さが残る女性であることをうかがわせる。美しい純朴な心、青春を「泡沫花火」という表現に託したようにも感じる。

【関連記事】