Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

むくみケアだけじゃない!履くことで“できた”を増やす 本島彩帆里プロデュースのセルフケアブランド「イウミー」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

ダイエット美容家・本島彩帆里さんがプロデュースするセルフケアブランド「イウミー」が20代後半~30代の女性を中心に人気を集めている。主力アイテムの「めぐりソックス」は、就寝時に心地よく履ける段階着圧と光電子®️繊維の遠赤外線効果でむくみと冷えをケアできるアイテム。ほかにも「はらまきパンツ」や「かかとソックス」などポイントケアアイテムを展開する。2017年に誕生した同ブランドは、ポイントケアながらも、2019年は前年比で223%の成長率、コロナ禍で消費が激しく落ち込んだ20年1~8月も前年同期比で51%増と好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大により在宅時間が増え自分を見つめ直す時間が増えた今、外的要因から身を守る、自分を大切にするという考え方がこれまで以上に浸透したことでセルフケア志向の高まりも追い風になっている。ブランドの立ち上げや製品に込めた思い、セルフケアアイテムとしての発信の背景などを本島さんに聞いた。 【画像】むくみケアだけじゃない!履くことで“できた”を増やす 本島彩帆里プロデュースのセルフケアブランド「イウミー」とは

WWD:まずブランドを立ち上げた経緯を教えてください。

本島彩帆里・ダイエット美容家(以下、本島):私自身がかつて今よりも20kg以上太っていて、産後20kg痩せたという経験をインスタグラムで発信したり本を出版したりしてきました。エステサロンで働いていたこともありますが、どこかに行って何かをするだけではなかなか根本的な変化にはつながりにくいと感じました。特別な何かをすることが必要なときもありますが、それだけでなく生活習慣や日頃の自分との付き合い方、生き方そのものに寄り添うセルフケアが重要だと考えています。そういった考え方から情報やハウツーを伝える中で、実質的に生活に寄り添えるアイテムを作りたいと考えるようになりました。

WWD:「イウミー」の製品の特徴を教えてください。

本島:他社製品との大きな違いは光電子®️繊維です。もともと10年以上自分が愛用している素材で、エステサロンで勤務していたときにこの繊維を使った矯正下着を30万円ぐらいで販売していたことがありました。週に1回サロンに来て施術するだけのお客さまと、光電子®️繊維で毎日体を温めながら生活しているお客さまとでは施術の効果が全く違うんです。セルフケアをすることで、肉質の柔らかさや変わることが目に見えるようになりお客さま自身のモチベーションが上がって、いろいろなことに取り組めていく様子をサポートしながら間近で見ていたので、光電子®️繊維を使いたいという思いは強くありました。

【関連記事】