Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若者のシェアハウス離れも。コロナ禍の影響を不動産会社に聞く

配信

bizSPA!フレッシュ

引越しの依頼は例年の20~30%

 その結果、当然ながら会社としての売上が前年に比べ、減少しています。そもそも引っ越し相談の数自体が減っているとも。 「お引越しの依頼も減っていて、感覚としては例年の20~30%に減っているのではないでしょうか。通常、4月は繁忙期を避けたカップルのお客様、配属先の決まった新入社員のお客様から依頼がありますが、今年はそういった依頼も来ておりません。  緊急のお引越し以外は今の時期を避けているという印象です。ただ、こちらとしても一人一人お客様の時間を長く取るようにしたり、売上としてはマイナスですが、時期を遅らせる提案をして“お客様ファースト”を意識するようにしています」

新型コロナウイルスでポジティブな影響も

 しかし、新型コロナの影響はポジティブなものもあるようです。吉澤さんは「コロナをきっかけに、お客様に久しぶりのコミュニケーションを取れた」と言います。 「ご案内できる物件が減った一方で、申し込みが入るスピードが遅くなり、普段は空いていないような物件が空いていることもあります。また、普段忙しくて引越しを考えていないお客様(夫婦やカップルで話し合いの時間が持てるため)が具体的にアクションをしてくれています。  また弊社は紹介制であるがゆえにお客様との信頼関係が出来上がっているため、オンラインヒアリング、契約や動画内見などの感染対策に応じてくれたお客様が多かったのは嬉しかったです。業者間の距離感が縮まって、管理会社も優しくなった気がします」

シェアハウスからの転居者が増えている訳

 また、意外なところでは「シェアハウスからの転居者が増えている」そうです。 「シェアハウスや友人とのルームシェアからお引越しをご希望される方は一定数いらっしゃいます。自分以外の人と密室での生活をするため、感染を恐れてという理由がほとんどです。引越しを選択するのではなく、落ち着くまで実家に戻る方もいらっしゃいます。シェアハウスではないですが、医療関係者が2世帯住宅からお引越しをご依頼頂いたケースもあります」  帰省した実家でコロナが感染する恐れがありますし、シェアハウス住人としても苦しい選択なのでしょう。吉澤さんは今後の見通しをこう語ります。 「コロナの影響でお引越し自体を延期されている方もいらっしゃいますが、中には『転職をして社宅を退去しなければならない』『更新時に家賃増額をする物件に住んでいる』などで必ず引っ越さなければならない方もいらっしゃいます。  そういった方のご依頼は時間が経つにつれて、増えてくるのではと考えております。実際に4月時点でも件数は減りましたが、引越しのご依頼をいただくことはあります。入社が遅れていた新入社員や、配属がこれから決まる新入社員のご依頼が、緊急事態宣言の解除後に一定数見込まれるのではないでしょうか」

【関連記事】