Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「破廉恥世界ランクトップ」と日本を罵倒した韓国…G7拡大反対のドイツには沈黙

配信

FNNプライムオンライン

1910年の韓国併合以降の出来事について韓国人が日本を批判するときに、決まって持ち出す言葉がある。「ドイツを見習え」だ。ドイツはナチスによる欧州での蛮行をしっかり謝罪していて、日本も同じように韓国に謝罪しろという趣旨だ。 【画像】韓国大統領府関係者の発言に、韓国政府関係者からは「拙速さが恥ずかしい」と嘆きの声も・・・ そんなドイツ好きな韓国にとって皮肉な話がある。G7・主要7カ国首脳会議への韓国の参加をめぐる騒動だ。

G7招待で歓喜する韓国大統領府

事の発端は5月31日、アメリカのトランプ大統領が「現在のG7の枠組みは時代遅れだ」として、8月下旬にもアメリカで開催が検討されているG7に韓国、ロシア、オーストラリア、インドを招待するとの意向を示した事だ。 中国との対立が先鋭化するなかで、対中国包囲網を強化しようとのアメリカの意図が見える。 中国との貿易に依存し、中国との関係悪化を望まない韓国は、同盟国アメリカからの提案との板挟みに苦しむと思われた。韓国メディアも同様の危機感を見せていたが、文在寅大統領は翌6月1日、トランプ大統領との電話首脳会談で「喜んで応じる」とあっさり承諾した。 韓国大統領府の報道官はその翌日、「韓国が世界秩序を導くリーダー国の一員になるという意味」「国の格の上昇と国益に大きく役立つ」と誇らしげに語った。 さらには「大統領が出席すれば一時的なものではない。G11またはG12という新しい体制の正式メンバーになる」と、G7の正式メンバー入りまで前のめりに言及したのだ。 「上下」「長幼」などをことさら気にする韓国では「国の格」は日本とは比較にならないくらい重要視される。G7入りは、日本と「同格」という国際的なお墨つきを得ることにつながり、文政権にとって大きな得点になる。 もともと「K防疫は世界一」との国家的自尊心を高めるPRを続けていた事もあり、大統領府は中国との軋轢よりも、「国の格の上昇」に歓喜した形だ。

「日本の破廉恥さの水準は全世界で最上位レベル」

こうした韓国の「歓喜」に水を差す形になったのが、日本政府の反応だ。 菅官房長官は6月29日午前の会見で「G7そのものの枠組みを維持することは極めて重要であると考えています。最終的にどのような開催形式になるかについては、アメリカが調整するものであると思います」と発言した。 外交関係者によるとG7の正式メンバーになるには、参加国全ての同意が必要だ。現状の枠組み維持を求める日本の主張は、韓国のG7メンバー入りを阻むことを意味する。この日本の姿勢に対する韓国大統領府の反応は、外交上例を見ないほど激烈なものだった。 大統領府関係者は韓国メディアの記者を前に「隣国に害を及ぼすのに慣れている日本の、誤りを認めたり反省しない一貫した態度について、今さら驚くこともない」「日本の破廉恥さの水準は全世界で最上位レベルだ」「国際社会、特に先進国は日本のこのような破廉恥水準を十分に認知しているので、(G7の拡大および韓国参加構想に)格別な影響はないと見る」と語った。 責任ある地位にある高官の口から他国を評価する際に「破廉恥ランキング世界トップレベル」などという言葉が出てくるとは信じがたいが、事実だ。

【関連記事】