Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロレックス、2020年の新作を完全なマニア目線で語ることにしよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webChronos

2020年9月1日、聞こえる話題はロレックスばかりだった。この日、ロレックスが待望の新作を発表したのである。筆者はロレックスの偉大さは分かっているものの、距離は置いてきた。それにそもそも筆者はクロノス日本版の「ロレックス番」ではない。しかし、新作が出たなら見なきゃいかんでしょということで、都内某所に足を運び、一通り新作を見た。すでに色々な媒体が取り上げているので、概要は軽く語るに留め、あとはマニア目線で語りたい。写真が下手なのはご容赦ください。

サブマリーナーは中身が変わった、だけではない

 2008年から12年にかけて、大幅なブラッシュアップを受けたロレックス「オイスター パーペチュアル サブマリーナー」。2020年の新作は、前作と比べてサイズが1mm大きくなり、ムーブメントが31系から32系に置き換わったのが大きな違いとなる。詳細はネットで記事を探してください。それと、ラグがわずかに細くなり、見た目は5桁のサブマリーナーに近くなったのも変更点と言える。といっても、ロレックスファン以外には分からない変化だし、1mm拡大されたケースにしても、正直見比べないと分からない。なお、トップ画像の左が2020年の新作(Ref.126610LV)。右側はかつてのRef.16610LV。

本文 先のサブマリーナーからベゼルはセラクロムに変更された。これは、傷が付きやすく退色するアルミ製のベゼルに比べるとはるかに良い。加えて、ピカピカに光るベゼルは、ロレックスお得意のラッカー文字盤によく映える。分かりやすく高級なので、新しいサブマリーナーが売れに売れたのは納得だ。当然、この特徴は新作にも受け継がれた。

 これだけ完成されたモデルは、正直いじりようがなかった。ムーブメントを新しい32系に搭載することをのぞいて、だ。1988年にリリースされた自動巻きの31系は、野心的な30系の弱点を潰した新世代の基幹キャリバーだった。後に耐衝撃性能と耐磁性能を高めたパラクロム ヘアスプリングを採用することで、31系は、21世紀に入っても第一級の自動巻きであり続けた。ただし、基本設計の古さはさすがに隠せなくなったのか、ロレックスは31系を全面的に改良した32系をリリースした。慣性の低いクロナジーエスケープメントと体積を増やした香箱の組み合わせにより、パワーリザーブは約70時間に延長。自動巻きのローターがボールベアリング保持となって耐久性が増したほか、耐磁性能と耐衝撃性能を大きく高めたパラクロム ヘアスプリングが全面的に採用された。この32系の採用が、新しいサブマリーナーの大きなポイントだ。

【関連記事】