Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

植松被告は「美しさ」になぜこだわるのか 相模原殺傷、22回接見した記録(上)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「格好良ければすべてが手に入る」。3月4日午前9時過ぎ、横浜拘置支所の2番面会室。右手に自傷行為防止用の手袋を着け、青いフリースジャケット姿の目の前の男は、相変わらず口元だけをゆがめた笑みを浮かべている。こうも言った。「死刑になるような犯罪とは思っていませんけどね」  男は植松聖被告(30)。相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人を殺傷した罪に問われている。横浜地裁での裁判員裁判は2月19日に結審し、判決は3月16日だ。寒気を感じたのは面会室に入り込んだ冷気のせいだけではない。16日間の審理が終わり、死刑求刑されてもなお、独善的な主張に全く変化がなかったからだ。裁判は自説を宣伝する場になったと納得しているようだ。「おかげさまで」。記者の目をまっすぐ見て、頭を下げた。    障害者を狙い19人を殺害するという前代未聞の事件を起こした被告は、どういう感覚の持ち主なのか。記者は2017年から22回、接見取材をした。被告が語ってきたことを、2回に分けて報告する。(共同通信=渡辺夏目)

 最も印象に残ったのは、容姿へのこだわりと強い劣等感だった。  初公判の日程が決まった19年4月、あらためて動機や経緯を尋ねた。すると無表情に変わり、機械的な口調に。「重度障害者は不幸を生む」「有意義なことをした」。出てくるのは以前と変わらない回答だった。  被告は「100人以上と面会した」と説明していた。他の人からも同じことを聞かれているのだろう。同じフレーズを何百回と言葉にしている様子がうかがえた。「事件のことは好きに書いてくれていいです」。投げやりに言い放った。  質問を続けようとする記者に、じれたように「美容整形の話をしたい」と切り出してきた。そういえば、と思った。時々楽しそうに口にする〝美容ネタ〟であれば、彼の人間性や価値観を探れるかもしれない。会話の続きを促すと笑顔になり、その後の面会でも冗舌になった。  被告によると、最初に鼻の形を変え、続いて目を二重にする手術や医療脱毛をした。約150万円を借りて受けたという。さらに数百万円かけて小顔手術にしようと思ったが、信用審査に落ちて借金ができずに諦めたらしい。「やりたい整形をすべてやるには3千万円はかかる」と当然のように語った。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS