Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「SHOGI AI」をメモリーオーバーさせた藤井棋聖の一手 「“AI対人”を超越した一番の例」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 藤井聡太棋聖の活躍で将棋中継をインターネットで見る人も増えている中、注目されているのが“どちらが優勢なのか”“次はどんな手を指すのがいいのか”を、その時々で画面上に表示してくれる将棋のAIだ。 【映像】藤井棋聖で注目 “SHOGI AI”徹底解剖  将棋中継をさらに楽しく見るためにABEMAの将棋チャンネルが開発した、その名も「SHOGI AI」の裏側に迫った。

■3つのAIによる“合議制”、こだわった“人間味”

 7月16日に行われたヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局、渡辺明二冠が77手目を指した瞬間、画面上部に表示された形勢判断の数値が藤井棋聖優勢に振れた。藤井棋聖の史上最年少でのタイトル獲得。その一部始終はAIの数字とともに届けられていた。  今やAIはプロ棋士にとっても将棋中継にとっても欠かせない存在だ。「これは何ですか?4八玉? 何が起きてるんですか、これは」と、AIが示した意外な候補手に解説者がパニックになるシーンも。  今年1月の本格導入以来、ABEMAの将棋チャンネルで数々の熱戦を盛り上げてきた「SHOGI AI」。そのコンセプトについて、ABEMAの最高放送技術責任者で開発の中心人物である藤崎智氏は次のように話す。

 「もともと(AI評価値が)500とか1000あるが、いろんな人に聞くと全員が『1000点だから何かわからない』と言う。4000だから勝っているのか、勝ってはいるんだけどどれくらい勝っているのかがわからない。なので、世間的に一番わかりやすい“%”にした」  「SHOGI AI」の最大の特徴は、その時点での棋士が勝つ確率をAIが予測し、画面上部の「勝率ウインドウ」にパーセンテージで示すこと。画面右には「候補手」が、一番良い手(=最善手)から最大で5つまで表示される。

 実は「SHOGI AI」、3つのAIがそれぞれ独自に局面を判断し、さらにもう一つのAIがそのうちの一つを採用するという複雑な仕組みになっている。  「AIにも得意・不得意があって。対局者がどんな戦法でくるのかというので、平均を出すために3つのAIが『合議制』になっている」(同)  では実際にどのように判断が行われているのか。特別にその様子を見せてもらった。例えば7六歩を指してみると、7六歩に対して3つのエンジンが計算を始めて次の手を出す。

【関連記事】