Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“秋夕”連休「高速道路通行料の有料化」が移動制限に「影響」? …「半々に分かれる」=韓国世論調査

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

韓国の秋夕(旧盆)連休期間における高速道路の通行料「有料化」が、人々の移動制限に影響を与えるかについての意見で「およそ半々に分かれた」ことが、今日(21日)明らかとなった。 【写真】もっと大きな写真を見る 韓国政府は、新型コロナウイルス感染症の再拡散の最小化方案として、秋夕連休期間における高速道路の通行料を「有料化」した中、韓国世論調査機関“リアルメーター”は「高速道路通行料有料化と移動制限への影響の程度」を調査した。 調査結果、「影響がある」という回答が47.7%となり、「影響がない」という回答は49.9%となった。「よくわからない」は2.4%であった。 圏域別では、プサン(釜山)・ウルサン(蔚山)・キョンサンナムド(慶尚南道)は「影響ある48.9%・影響なし49.9%」とテジョン(大田)・セジョン(世宗)・チュンチョンド(忠清道)は「ある46.7%・なし51.7%」、クァンジュ(光州)・チョルラド(全羅道)「ある46.3%・なし49.4%」、ソウル「ある46.2%・なし50.2%」では、影響の程度が「だいたい半分に」分かれた。 一方 テグ(大邱)・キョンサンプクト(慶尚北道)は「ある57.0%・なし43.0%」となり「影響ある」という回答が多かったが、キョンギド(京畿道)・インチョン(仁川)「ある44.0%・なし54.0%」では「影響なし」という回答が多かった。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】