Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

OWV、結成記念生配信でわちゃわちゃトーク 結成秘話やJO1からの祝福も「同じ志を持った4人が集まった」

配信

オリコン

 オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』元練習生の本田康祐(25)、中川勝就(23)、浦野秀太(22)、佐野文哉(23)の4人からなるボーイズグループ・OWV(オウブ)が3日、無料動画配信サービス「GYAO!」で『OWV グループ結成記念生配信特番』を実施。わちゃわちゃトークで結成記念を自ら祝っていた。 【写真】ファンからの”愛嬌”の要望に応える姿がキュートなOWV・浦野秀太  本田の「みなさん、こんばんは。OWVです」と元気よくあいさつして番組はスタートした。グループ結成が決定した瞬間を振り返ると佐野は「人数が4人と少人数。いい意味でワクワクしました」と話し、中川は「僕は結構、早い段階で脱落した。このチームに入れることが決まって『ホンマにありがとう』という感じでした。メンバーも頼もしい」と笑顔をはじけさせた。  生配信では“キャッチフレーズ”をつけるとしたら、というお題も。浦野は「ちょっとホロ苦なビターチョコ」と命名。「理由は僕たちの見た目は大人っぽいですけど、苦すぎす…」と話したところで「助けてください…」とギブアップ。本田が「これ以上、広げないでほしいです」と助け舟を出していた。  これから、やっていきたいことについては本田は「セルフプロデュースできるチームにしたい」と意気込み、佐野は「例えばファッションアイコン的な存在で、歌やダンス以外の面でも影響力のある存在に」と目標を語った。  『PRODUCE 101 JAPAN』から4人は仲がよかったそう。深夜練習を共にし、高めあってきた。浦野は「この4人は一緒にいましたね」と回顧。また、デビューが決まり、JO1のメンバーから祝福も受けたそう。浦野は「何人かから『おめでとう』というLINEをいただきました」と明かした。続けて「これ、名前、言っても大丈夫ですか?」と小ボケを挟むと「(川尻)蓮くんとか、(白岩)瑠姫とかから」と照れながら告白していた。また、MCを務めたニューヨークの屋敷が「ボーカル弱くて心配」というファンの声を拾うと4人は苦笑い。「拾わなくていいですから!」と仲良く猛ツッコミを入れていた。事前に届いた2万件から選んだ質問にも回答。変わらないでいてほしい部分や、グループの未来像を語っていた。  終盤にはグループ結成の秘話も明かす。本田は「今後、どうしようとなっている時に親身に相談に乗ってくださったのが今、OWVに付いてくださっているスタッフさんたち。何回か話し合いをしたんですけど、最後は4人で呼ばれて『この4人で活動します』と言われた。同じ志を持った4人が集まったな、と。必然的に同じベクトのヤツらが集まった」と感慨を語る。佐野は「ダンスの構成で考えたら5人が作りやすかったりする。そんな中で4人。4人ということが逆に新しいことができそうで楽しみ」と待ちきれない様子。浦野は「優しかったり、笑いの価値観が合う」と私生活面での相性のぴったりぶりも。この4人だからこその結束力を見せていた。  生配信の最後には重大発表としてユニバーサル ミュージックより年内にメジャーデビューすることが本田と佐野の口から発表された。改めて、ファンへの思いを問われると佐野は「4人で仲良く切磋琢磨して、これからも頑張っていきます。応援、よろしくお願いします」と力強く語り、浦野は「これからの輝かしい未来に向かって、みなさんで一緒に歩いて行きましょう。よろしくお願いします!」とメッセージ。中川は「OWVの活動を通して、みなさんのことを幸せにしていきます。よろしくお願いします」と約束し、本田は「これからがスタートライン。僕らの歩む道を、ぜひ一緒に歩んでください!」と熱い言葉で結んだ。最後は「これからも、よろしくお願いします!」と声を合わせて、大盛りあがりとなった生配信を終えていた。  OWVはグローバルボーイズグループ・JO1を輩出した日本のエンタメ界で過去最大規模のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』元練習生の4人で結成。グループ名『OWV』には“Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~誰にも真似することのできない唯一無二のグループとなり、この世界で勝利を掴む”というメンバーの強い想いが込められている。

【関連記事】