Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『中学聖日記』有村架純が共感を集めるワケ 大胆設定でも応援したくなる理由は“素朴さ”にあり?

配信

リアルサウンド

映画『ストロボ・エッジ』での変化

 『ストロボ・エッジ』では、友達のことを思って、本当は好きなのにその気持ちを押し殺して突き放すシーンや、終盤での心の底の想いを伝えようとする姿など、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)時代のような全力の表現ではなく、余計なことをしない感情の演技が見るものの心を揺さぶり、多くの女性たちから共感を得ることに。その飾らない演技は『中学聖日記』でもそこかしこで遺憾無く発揮されている。  聖というキャラクターは色んな状況を理解し、大人になろうとする理性と、自身の立場に揺れる未熟な部分を持ち合わせているからこそ、視聴者に愛されるのかもしれない。教師として黒岩の気持ちを認めたくないからこそ、その想いを受け流そうとする。でも、自分の生徒だから放っておくことはできず、真面目ゆえの行動が裏目に出てしまう。その葛藤や愛の気づきといった繊細な感情の動きを、有村がオーバーになり過ぎない、素朴な演技で演じるからこそ、ファンからの支持厚い作品となったのだろう。  とは言え、やはり教師と未成年の恋に違和感を覚える人がいても無理もないこと。自分ならこの状況をどうするのか、それを考えながら観ていくと、最後はきっと有村の行方を固唾をのんで見守ることになるだろう。

本 手

【関連記事】