Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

空中に映像、機器触れず精算 日本カーバイドの技術採用

配信

北國新聞社

 富山県内に生産拠点を置く日本カーバイド工業(東京)は、反射材を使って空中に映像を表示する技術が、日立オムロンターミナルソリューションズ(同)の医療機関向け精算機に採用されたと発表した。不特定多数が利用する機器を「非接触」にし、新型コロナウイルスなどの感染リスクを減らす。

 日本カーバイドは道路標識に用いられる再帰反射シートを手掛けており、この技術で「リフレクター」と呼ばれる反射材を通じ、モニター映像を空中に浮かび上がらせる。日立オムロンは赤外線センサーが人の動作を認識する技術を組み合わせた。空中の映像は、スマートフォンのように押したりスライドしたりできるという。

 日立オムロンによると、今後は公共施設での導入を見込む。大型化と高機能化を進め、金融機関の現金自動預払機(ATM)への適用も計画する。

北國新聞社