Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“お年寄りカワイイ!大好きで助けたい”…イマドキ高校生が学ぶ介護福祉 パンサー向井「イメージ変わった」

配信

CBCテレビ

 愛知県弥富市にある県立海翔高校。もともとは海南高校でしたが、2005年に蟹江高校と統合。今年で創立15年を迎えます。

 今回は、介護のスペシャリストを育てている福祉科2年生のクラスに、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんが“向かい”ました。

パンサー向井さん: 「このクラスの奥野さんからメールをいただきまして、(起立した奥野さんに対して…)『福祉をもっと知ってほしい』という思いで連絡をくれたんだよね」 奥野さん: 「はい、福祉科って、おじいちゃんやおばあちゃんのお世話というイメージが強いと思うんですけど、ほかにも小さい子や障害者も対象としていて、イメージを変えたいんです」  初めに、クラスの生徒達に「福祉科」を選んだきっかけについて聞いてみると…? 秋本さん: 「少子高齢化が進み、社会に少しでも貢献したいと思いました。中学生くらいからです」 山田さん: 「お年寄りが好きで、カワイイなっていう気持ちが強くて。メッチャ好きで助けたいんです」 馬見塚さん: 「将来、介護福祉士になりたいと思っています。祖母が倒れた時に自分が何もできなくて、そういう手助けができるようになりたいと思ったからです」  海翔高校福祉科では、3年間勉強することで、国家資格である介護福祉士の受験資格が得られます。そして、そんな福祉科の授業には、ある伝統が…。 清水さん: 「『すくすく』って言うのがあります。福祉科目で60点以下を取ったら…」

パンサー向井さん: 「追試みたいなことだね(笑) このクラスですくすく受けたことある人はいますか?」  すると、何と全員が挙手。学ぶことの多い福祉のプロへの道のり、なかなか険しそうです。さらに取材を進めると、奥野さんから「西川さんのある行動に困っている」という悩みも…。 奥野さん: 「西川さんと、その彼氏の間の席に私がいて、見つめあってるんです…」 パンサー向井さん: 「このクラスにいるのか!それは困る、挟まれたら(笑)」

【関連記事】