Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『半沢直樹』吉沢亮が証券の危機を救う 片岡愛之助との因縁の対決も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 仕掛ける相手の隙を突くこと。弱者が強者に勝つために必要なことを聞かれて、半沢(堺雅人)はそう答える。圧倒的な資金力を誇る電脳雑伎集団と東京中央銀行に、スパイラルと東京セントラル証券が勝機を見出すとすれば、知恵で上回る以外にない。『半沢直樹』(TBS系)第3話は、半沢と銀行の知恵比べに注目が集まった。 【写真】吉沢亮演じる高坂圭の活躍  フォックスを通じてスパイラル株の過半数獲得を狙う電脳と銀行。半沢が考えた対抗手段は逆買収だった。買収するのはなんとフォックス。伊佐山(市川猿之助)たちのスキームを逆手に取った大胆不敵な作戦は、一撃目で経営不振に陥ったフォックスの業況をマスコミを通じて広める。すかさず銀行側も反撃し、金融庁に不適正な買収を報告。これを受けて、証券取引等監視委員会が証券に乗り込んで来る。同時にマスコミにも委員会の調査が知られ、スパイラル株は急落。その隙を狙って電脳は株の買占めを進める。  多くの印象的なキャラクターが登場する『半沢直樹』の中でも、一二を争うクセの強さを持つ人物が黒崎駿一(片岡愛之助)だ。前作では、大阪国税局や異動後の金融庁の主任検査官として、倒産した西大阪スチールの隠し財産や伊勢島ホテルに関する疎開資料の所在をめぐって、半沢と丁々発止のやり取りを展開した。その黒崎が監視委員会の統括検査官として三たび、半沢の前に現れる。  「ここでもずいぶんとオイタしてるんじゃないの」と半沢に憎まれ口を叩く黒崎。大和田(香川照之)とともに原作では出番がないが、ドラマ独自の出演に懐かしさとともに役者がそろった感慨を抱いたのは筆者だけではないはず。黒崎が狙うのは、スパイラルが保有するフォックスの買収計画書と経営状況報告書。これらの存在が明るみに出れば、情報漏洩の証拠となり、営業停止処分は確実だ。半沢も責任を免れない。  ここで救世主として登場したのが、スパイラル社員の高坂圭(吉沢亮)だ。高坂はドラマオリジナルのキャラクターであり、1月に放送された『半沢直樹イヤー記念・スピンオフ企画~狙われた半沢直樹のパスワード~』(TBS系)の主人公。同作では、証券部長・半沢のパスワードを悪用して300億円の顧客預金を引き出そうとする陰謀を、フィッシング詐欺の仕組みを応用して阻止した。  今回、高坂に課せられたタスクは、半沢が証券クラウド上の隠しフォルダに保存したフォックス買収のファイルを削除すること。委員会の職員がパスワードを解読するよりも先に、証拠を消さなくてはならない。まばたきもせず、一心不乱にプログラミングに打ち込む高坂の集中力と、プレッシャーのかかった状況で大仕事をやり遂げる強心臓ぶりに感嘆した。それ以上に、社長の瀬名(尾上松也)に労をねぎらわれ、「チームのおかげです」と返す様子に高坂の成長を感じた。  大勢の社員が見ている前で、高坂に堂々とハッキングを命じる瀬名の創業社長らしい型破りさや、スピンオフで絆が深まった高坂と浜村(今田美桜)ラインが生きていることも確認でき、高坂を中心とするアナザーストーリーを想像させてくれる。  言うまでもなく『半沢直樹』のテーマは「倍返し」であり、半沢のバンカーの矜持と理不尽への怒りに裏付けられている。前シーズンでは、父・慎之助(笑福亭鶴瓶)が自殺する原因となった大和田への復讐という個人的な動機もあったが、今作では、さらに広い意味が加わっている。銀行に対しての下克上だけでなく、森山や瀬名、高坂と横暴な銀行の仕打ちに立ち向かう姿は、世代を超えた倍返しと言える。自分だけでなく、周囲の人間や自分より若い人たちのために戦うのが今作の倍返しであり、半沢が森山(賀来賢人)に言う「感謝と恩返し」はそのことを象徴している。  森山と瀬名の熱意が通じ、フォックス社長の郷田(戸次重幸)は晴れてスパイラル傘下に入ることを承諾。フォックス所有の通販サイト「コペルニクス」の可能性に海外のIT大物も注目し、スパイラル株価は電脳の買収価格を超えて急上昇する。知恵比べに勝った半沢たちが知らされたのは、銀行による電脳への500億の追加出資。力技でねじ伏せようとする銀行に、非力な証券は打つ手なしと思われた……。  弱者が強者に勝つには、相手の隙を突くこと。そのヒントは、黒崎が散らかしていった書類の山にあった。電脳のスパイラル買収に端を発する一連の出来事で、銀行の横暴の陰で見過ごされてきた最大の矛盾。なぜ、電脳は資金力もノウハウも豊富な銀行に、最初からアドバイザーを頼まなかったのか? いよいよ半沢は、最大の闇に切り込むことになる。

石河コウヘイ

【関連記事】