Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手越祐也がシングルマザー救済活動、自転車でお弁当を配達

配信

NEWS ポストセブン

 厚生労働省の調査では、母子家庭は全国に約123万世帯で貧困率は5割を超えるといわれている。OECD(経済協力開発機構)の統計によると、ひとり親家庭で親が働いている場合の貧困率は、日本は54・6%と加盟国で最悪の数字となっている。ちなみに、親が働いていない場合の貧困率は52・5%で、むしろこちらのほうが低い。つまり、働いても貧困から抜け出すことが難しい状況だといえる。

「いま、小学校が休みで給食がないから、昼食を用意するのが経済的に苦しい家庭もあるようなんです。このプロジェクトでは1日、お米を16キロ炊き、お弁当は約200個用意しています。それでも全然足りていない。新型コロナで失業者も増えるでしょうし、ますますひとり親家庭への支援は必要だと考えています」(前出・プロジェクト関係者)

 現在、このINGのプロジェクトは手越のように賛同してくれる支援者や企業のサポートを受けているというが、まだ宅配地域を増やせていない状況があり、さらなる支援を求めているという。

【関連記事】