Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンテンツマーケティングで「コンテンツ価値・ブランド貢献度」はどう評価するべき?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

コンテンツマーケティングという言葉は、日本でも浸透してきた。一方で、コンテンツマーケティングに取り組む企業にとって、「コンテンツの貢献度を可視化しづらい」という課題を抱えている企業も多いだろう。 コンテンツのアトリビューション分析ツールを提供するTRENDEMON JAPAN(トレンデーモン)が主催した「コンテンツマーケティング最前線2020」。第一部では、4名によるパネルディスカッションが行われ、コンテンツマーケティングの最新事例、各ブランドが考えるコンテンツの在り方について各社が語った。本記事では、その内容をお届けする。 モデレーターは電通イノベーション・イニシアティブの宮林氏、パネリストはサッポロビールの福吉氏、パナソニックの富岡氏、TRENDEMON JAPANの嶋添氏。  

コンテンツマーケティングに期待すること

――ユーザーの興味をひく記事・動画を起点にしたコンテンツマーケティングに取り組んでいる最も大きな理由、期待するものは? 福吉: ユーザーに寄り添うためです。自分たちが伝えたいことを一方的に伝える時代は終わって、今のマーケティングではない。「お客さまはどんなニーズをもっているか?」「ライフスタイルは?」「その時のモチベーションは?」「モーメントは適切なタイミングだったか?」を我々がきちんと理解したうえで、お客さまの目線で考えることを忘れずにコミュニケーションしていくことが、コンテンツマーケティングだと思っています。 ただ、なにが正解かはわからないので、色んなコンテンツをたくさん作って、「どんなものが」「誰に」興味をもっていただけるのかを常に追い続けていくこと。そして、コンテンツを通して顧客像を可視化していくこと。お客さまが「サッポロビールは私の方を向いてくれている」と感じてもらえるところが、どこなのかを丁寧に観察していけるというのが、コンテンツマーケティングの良さだと思っています。

富岡: 我々の場合は、ようやくコンテンツマーケティングができる環境が整ったところなので、まだこれからですが、コンテンツの消費によって得られる今までになかったデータを顧客理解にどういかしていくかを試行錯誤しているところです。このような仕組みを動かすための媒体として、コンテンツマーケティングを位置づけています。