Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染不安が生んだ「消毒おばさん」「家から出ないおじさん」の大迷惑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 新型コロナウイルスの感染拡大は留まるところを知らず、特効薬もワクチンもいまだ開発されていない。自分や家族の身を守るためには、手洗いやアルコールなどでの消毒が重要だが、それが行きすぎて、トラブルになっているケースもあるという。 【イメージ】家庭を崩壊させる「絶対に家から出ないおじさん」

 ある大手エレベーター管理会社からはこんな怒りの声が届く。

「指先でボタンを押す前に、アルコールスプレーを吹きかける人が続出しています。ほかにも、直接手で触れるのが嫌で鍵などで押す人が多く、ボタンの表面が傷ついてボロボロになっています。ボタンの故障だけでなく、けがや誤作動の恐れもあるので、即刻、やめてください」

 多くの人が集まるスーパーや電車内は、感染リスクの高い要注意スポットだ。その分、 “消毒おばさん”の出現率も高いという。

「年配の女性が振りまいたアルコールスプレーが、幼稚園児の息子にかかったんです。たまらず息子が咳き込むと、謝るどころか『コロナに感染しているんじゃないでしょうね』といった目線でにらみつけてきました。その日は、悔しくて夜も眠れませんでした」(群馬県・33才・主婦)

 電車内ではつり革や手すりを、持参したアルコール消毒液で念入りに拭く人もいるようだが、これも行きすぎるとトラブルのもとになるという。

「朝の通勤電車で50代くらいの女性が使っているアルコールのにおいが強烈。少量ならいいのですが、つり革が濡れるほど吹き付けるんです。においが周囲に充満して、朝から気分が悪くなりました」(神奈川県・28才・会社員)

 消毒や過剰な感染対策で、人間関係に変化があった人も。

「パート先で仲のよかった同僚が新型コロナの流行以降、人が変わったようになってしまって。一緒に昼食をとるときも、椅子やテーブルだけでなく、箸やスプーンまで除菌。おまけに、フェイスシールドをつけたまま無言で食べるんです。私たちがバイ菌扱いされているみたいだし、そんなに気になるなら、一緒にランチしなければいいのに。正直、不愉快でした」

【関連記事】