Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

味の素社の「アジパンダ」が商品パッケージから企業キャラクターへ出世。秘密は地道な社内活動?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

現在、商品やサービスのプロモーションやPRなどに“キャラクター”を使う企業が増えています。しかし、「思うように活用できていない」「マネジメントの仕方がわからない」という声も少なくありません。 そこで、本連載ではWeb担当者Forumの公式キャラクター「ウェブパン」が、キャラクターを上手く活用している企業の担当者にインタビューし、キャラクターの設定や活用のコツなどについてインタビューします。 ウェブパン 第1回に登場いただいたのは、味の素社の公式キャラクター「アジパンダ」くんのマネジメントを担当する、グローバル・コミュニケーション部ブランド戦略グループ(取材当時)の渡邉夫美子さん。 グローバルに活躍するアジパンダくんがうらやましいパン! さっそく大活躍の裏にある工夫や取り組みについて聞いてみるパン! 撮影:吉田浩章  

パッケージデザインとして誕生し、CMや販促グッズなどにも登場

―― 近年、人気急上昇中のアジパンダくんだけど、誕生のきっかけを教えてほしいパン。 渡邉さん: 2005年に、うま味調味料「味の素」の瓶のデザインにあしらわれたのがきっかけです。モチーフにパンダを選んだのは、新しい顧客層として訴求対象である若い世代や小さなお子さんのいる方に好まれる人気者で、味の素の瓶の形にもしっくり合い、コーポレートカラーである赤白で表現しやすかったからと聞いています。 「アジパンダ」として商品のキャラクターとなり、その後24種類のデザインをおこして「AJIPANDERS」と名付けて総選挙を行なったり、ミニチュア瓶の携帯ストラップを販促用プレゼントにしたり、商品の担当者が中心となって様々な販促企画に活用するようになりました。「味の素」のCMにも登場したことがありましたね。 ウェブパン: はじめから大活躍だったんだパン! 渡邉さん: 誕生時は商品キャラクターで小回りがきいたので、「味の素」の販促を中心に活用が進みました。でも、実はアジパンダが「味の素」のCMに出演したのは2013年が最後で、しばらく「味の素」の販促にあまり活用されない時期もありました。 一方で、コーポレート分野を中心に、引き続き活用が進み、2015年に味の素社の企業キャラクターとして昇格することになりました。このときは、現場レベルで企業キャラクターとしての活用が先行していたため、役割の変更は後追いで、比較的スムーズに決まったように思います。 ウェブパン: 商品キャラクターから企業の公式キャラクターなんて、すごい出世だパン! ――企業の公式キャラクターとしては、どんな活用のしかたをしているのか教えてほしいパン。 渡邉さん: リアルでは、味の素社がネーミングライツパートナーになっている「味の素スタジアム」や「味の素ナショナルトレーニングセンター」などで開催されるイベントへの参加が代表的なところでしょうか。アジパンダの着ぐるみが登場すると会場がすごく盛り上がりますね。 オンラインでは、LINEでアジパンダのスタンプ配信を行ったり、レシピを中心に味の素社の情報を発信するサイトの「AJINOMOTO PARK」でナビゲーター役を担ったりしているんですよ。 アジパンダのグッズも増えていて、キャンペーンなどで特別に制作するノベルティや、川崎工場に併設している「アジパンダショップ」で取り扱っている、販売用のグッズもあります。また栄養士さんなど専門家向けの勉強会で使用する資料や配布物にも登場させることが増えています。 ウェブパン: リアルからオンラインまで、すごい活躍! ノベルティやグッズは活用しやすそうだパン。  

【関連記事】