Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アルファロメオ】モンツァを知り尽くしたライコネン「予選はグチャグチャになることは分かっていた」予選最高速度を記録/F1イタリアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第8戦イタリアGP(4日から6日決勝レース、モンツァ)の予選を終えて、キミ・ライコネン(アルファロメオ)が次のように振り返った。 ●【予選結果】2020年F1第8戦イタリアGP予選Q1-Q2-Q3のタイム差、周回数 ライコネンは、予選14番手だったものの、スピードトラップで最高速度を記録している。 ■キミ・ライコネン(アルファロメオ) 「この結果には満足だけど、少なくとも1つ上にいけたと思う。 Q1では、クルマのバランスは本当に良かったけれど、ニュータイヤを履いた最後の走行ではアンダーステアだったんだ。いずれにせよ、これが結果だし、ここの位置から戦うよ。うまくいけば、この位置からスタートするから少し楽になるだろうね。 Q1はグチャグチャに混み合って、適切なタイミングで適切な場所にいることが重要なのは分かっていた。モンツァでこうなるのは初めてではないし、まちがいなく最後でもない。予選というよりはレーススタートのように感じたけれど、そういうことさ。 昨日のロングランでは少し苦戦したけれど、クルマは一歩前進したよ。だから明日はもっと強くなると期待できる。レースではベストを尽くして、どこで終わるのか楽しみだ。」

【関連記事】