Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【価格/サイズは?】BMW 5シリーズ改良新型、ハンズ・オフ可能に ツーリング/セダン/プラグインHV/ディーゼルを解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

5シリーズ マイナーチェンジ

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉) 画像はすべて欧州仕様となります。 【写真】改良型BMW 5シリーズ/ベンツEクラス【比べる】 (96枚) 9月28日。BMW日本法人は、アッパーミドル・クラスのプレミアム・サルーン&ワゴンである「5シリーズ・セダン」および「5シリーズ・ツーリング」の改良型を発売した。 今回の改良型は、ビッグ・マイナーチェンジにあたる。 ドイツ本国をはじめヨーロッパでは既に5月末に発表されていたが、それから4か月という比較的短いスパンで日本にも導入された。それだけ、ドイツ本社も日本法人も、この国の市場における5シリーズの重要性を認識しているということだろう。 さて、前述のように5シリーズはBMWのラインナップでは中核的な、アッパーミドル・クラスのプレミアム・セダン&ワゴンだ。 じつは、BMWの「○シリーズ」という名称と3桁表記の数字の車名は、この5シリーズから始まった。 1972年に初代の5シリーズが発表され、現行世代は2016年に発表された7代目にあたる。 日本では翌2017年から発売され、少し遅れてワゴン版のツーリングも導入されている。では、大きく進化した改良型BMW5シリーズの概略を紹介していこう。

改良新型5シリーズ 外観

改良型5シリーズのボディサイズは、全長4975×全幅1870×全高1480mm(523i)、ホイールベースは2975mm。従来型より全長がわずかに長くなっているが、他はほぼ変わらない。 今回の改良型はフル・モデルチェンジではなくビッグ・マイナーチェンジにあたるから、ボディパネルのような外板はキャリーオーバーされているものの、前後のデザインは大きく変わっている。 フロントまわりでは、最新のBMW車と同様に、伝統のキドニーグリルをよりワイドに一体化するとともに立体的な造形とすることで、格式とエレガンスを際立たせている。 ヘッドライトのデザインはL字型のLEDライトを採用することで、BMW伝統の4灯ライトを表現しながら、モダンかつスポーティなイメージを強調。 リアまわりでは、BMW伝統のL字型リア・コンビネーションライトをより立体的な造形とし、周囲をブラックアウトすることで、精悍な印象を与えた。さらに、より立体的になったバンパーにワイドな台形型エグゾーストパイプを装備することで、高級感あふれる洗練されたリアビューに。 サイドビューは、BMWらしいショート・オーバーハング、長いボンネット、美しいルーフライン、そして長いホイールベースにより、室内の居住性を高めつつ、クーペに近い美しいプロポーションとなっている。もちろん、CピラーにはBMW伝統の「ホフマイスター・キンク」のデザインを踏襲している。

【関連記事】