Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ABEMAニュースの作り方 スマホでの「放送」に大事な「二つの軸」 放映後から始まるもう一つの勝負

配信

withnews

情報発信の場が紙からデジタルに移り、「編集者」という仕事も多種多様になっています。新聞社や雑誌社、テレビ局などはウェブでも積極的な情報発信をしており、ウェブ発の人気媒体も多数あります。また、プラットフォームやEC企業がオリジナルコンテンツを制作するのも一般的になりました。情報が人々に届くまでの流れの中、どこに編集者がいて、どんな仕事をしているのでしょうか。Yahoo!ニュース、編集プロダクション・ノオトとの合同企画『ウェブ編集者の教科書』プロジェクト。第3回はABEMA(旧AbemaTV)のニュース番組『ABEMA Prime(アベプラ)』でプロデューサーを務める郭晃彰さん(32)です。テレビ朝日という「マスメディア」からネットメディアの最前線に出向して4年。特性の違う媒体にどう適応していったのか。話を聞きました。(丹治翔) 【画像】アベプラのスタジオを大公開!! 出演者たちから「ダメ出し」されて改善した3密対策とは…… 【ABEMAニュースの作り方(郭さんの言葉から)】 ・事件事故や記者会見にはとにかく反応して中継や速報ニュースに。 ・ハードルが高そうな企画でも、取材者の熱量があればチャレンジ。 ・ネットの声に耳を傾け、独自の視点を忘れない。

生放送「自分がワクワク」

平日21時、東京・六本木のテレビ朝日のけやき坂スタジオ。旬のニュースやインターネットの話題について、当事者や個性的なコメンテーターたちが徹底議論するアベプラの生放送が始まります。郭さんは「サブ」と呼ばれる副調整室から、進行の指示やテロップの打ち込みなど、番組の司令塔として、2時間ノンストップで動き回ります。 「準備して番組にはのぞみますが、生放送なので最終的にどうなるかは分からない。出演者たちのかけ合いの中から、『今日は何を新しく学べるだろう』と自分が一番ワクワクしているかもしれませんね」 放送の指揮以外にも、取り上げるニュースや解説者の選定、番組の危機管理。SNSやYouTubeでの発信や自社のテキストサイト「ABEMA TIMES」の監修など、仕事は多岐にわたります。また、ABEMA NEWS全体の編成や宣伝にも関わっています。 そして、新型コロナウイルスの感染拡大後は、「3密対策」をしながらの放送が求められています。日替わりMCとアナウンサー以外はリモート出演にしたり、出演者同士の距離も2メートル離して間にアクリル板を置いたり。スタジオが1階にあるため、放送中は扉を開けて換気もしています。 こうした対策は、番組での「議論」も経てできあがったそうです。「3密を避けようと放送では伝えているのに『放送局が守れていないのでは』という指摘が出演者からありました。そこから、医療関係者に監修をしてもらい、感染を防ぐ態勢を作り上げました」

【関連記事】