Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鷹・工藤監督、若鷹アピール合戦にご満悦 2ランの栗原はスタメンの「有力な選手」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

九鬼も2安打1本塁打「若い子たちが打って、走ってというところで良かった」

 ソフトバンクは28日、本拠地PayPayドームで全体練習を行い、3度目の紅白戦を実施した。この日は栗原陵矢、九鬼隆平といった若手捕手が一発を放つなど活躍。さらに故障が癒えた高橋礼投手が初の実戦で2イニングを無失点に抑え、工藤公康監督の表情もにこやかだった。 【イケメン写真集】鷹期待の新星・栗原陵矢も 爽やかな笑顔、凛々しい素顔…ハンサムたちが集うプロ野球イケメン秘蔵写真集  この日の紅白戦では白組の九鬼が先制の2点打を放つと、同じ若手捕手の栗原も負けじと2ラン。すると、九鬼がさらにソロ本塁打を放った。九鬼、栗原だけでなく、牧原大成や3安打した上林誠知が積極的な走塁を見せて、三盗にチャレンジするシーンも数多く見られた。  練習終了後、工藤監督は「若い子たちが打って、走ってというところで良かったと思います。今の時期に投手の球を見て、打つべき球、打ってはいけない球を確認することは大事」と、若手の動きに目を細める。  特にシート打撃でも結果を出している栗原については「甲斐くんの送球の速さや正確さには追い付かないが、バッティングでしっかりアピールしてくれている」と高評価。「有力な選手であるとは言えるかなと思っています」とし、開幕スタメンの有力な候補であることを示唆していた。  上林や牧原が見せた積極的な走塁にしても「セカンドに盗塁した後の三盗は難しいから、その練習は実戦の中でやることが大事。投手もファーストにいる時は気を遣うが、セカンドに行かれると足を高く上げたりするからね。今はアウトになっても積極的に行くことが大事」と、春季キャンプから取り組んできた走塁面をさらに磨いていくつもりだ。  この日の好材料とは別に、柳田悠岐、中村晃、明石健志は紅白戦に出場せず。「柳田君は練習中に首の周りの張りが出たということで大事を取りました。中村君はここのところ体調を崩して今日が(復帰の)初日だったので様子を見ようということ。明石君はちょっと腰の張りがあったので」と説明。いずれも実績十分な選手なだけに指揮官も大きな心配はしていないようだ。  また、故障明けの高橋礼が2イニングを無失点に抑えたことに「順調に来ているかなと思います。ストレートも9割近く戻ってきているし、松田君に投げた変化球もすごく良かった。イニング、球数を増やしていけば去年と同じ状態に戻ってくると思います」とした。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

【関連記事】