Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】糖尿病になると失明するってホント?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

「糖尿病になると失明する」、と聞いたことはないだろうか。失明は合併症の一つだ。失明までには至らないだろうとたかをくくっていると、とんでもないことになる可能性がある。40歳代になると糖尿病の患者は一気に増えるが、最近は子どもや若い人の発症も増加しているという。ほとんどの糖尿病は体質のほかに、運動不足や高カロリーの食事、肥満などが原因となる。不規則な生活をしている人は要注意だ。日本糖尿病学会糖尿病専門医の根岸先生に、詳細を伺った。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 根岸雅嗣先生(根岸医院 院長) 帝京大学医学部卒業後、同附属溝口病院に勤務。衛生文化協会城西病院を経て、2016年より祖父の代から続く東京都杉並区天沼の根岸医院院長。地域のかかりつけ医として地域医療に尽力するとともに、糖尿病専門医として糖尿病患者に寄り添い、より高度な治療を提供している。日本糖尿病学会、日本内科学会、日本東洋医学会(漢方)所属。

全員が失明するわけではないけれど

編集部: 糖尿病になると失明するといいますが、本当ですか? 根岸先生: いえいえ、全員が失明するわけではありません。 知っておきたいのは、失明は糖尿病の合併症の一つである「糖尿病網膜症」が進行して起こるということです。 合併症には、細い血管の合併症と太い血管の合併症があり、網膜症は細い血管の合併症です。網膜には毛細血管が張り巡らされているのですが、高血糖によって毛細血管が詰まったりして徐々にそれらの血管に障害が出て、視界が狭くなったり視力が低下したりなどの症状が進行し、やがて失明してしまうのです。 編集部: 突然失明するのではなく、網膜症が進行することが原因なのですね。それを聞いて少し安心しましたが、失明する人は多いのですか? 根岸先生: 日本の糖尿病患者さんのうち網膜症にかかっている人の割合は、15%程度だといわれています。また、年間約3000人が糖尿病網膜症で失明しているというデータもあります。成人になってからの失明の原因の第2位が糖尿病なんですよ。けっして少ない人数ではありません。 だからこそ、糖尿病は早期に見つけ、きちんと医師のもとで治療していただきたいのです。そうすれば、合併症を起こさずに普通の生活を送ることもできます。

【関連記事】