Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍のなか兄が急死。相続手続きと遺産分割をどう進める?

配信

ESSE-online

新型コロナウイルス禍における緊急事態宣言は解除されましたが、私たちの「新しい日常生活」は始まったばかり。在宅勤務を採用する企業が増えた結果、さまざまな手続きが以前のようには進まなくなりました。 母の終活を知らず安いお葬式をあげて後悔。妹にも非難され… そんな状況下で、期限のある相続手続きを順調に進められるのでしょうか。 相続の問題に詳しい司法書士の鈴木敏起さんに、50代の主婦・上坂玲子さん(仮名)という方を事例にして、コロナ禍における相続手続きと遺産分割協議について聞いてみました。

商売をしていた兄が突然死…。コロナ禍における相続手続きと遺産分割協議

玲子さん(仮名)は50代の主婦。兄が急な病に倒れ、令和2年4月某日に亡くなりました。兄は独身、子どもはおらず、両親もともに亡くなっているので、兄の相続人は玲子さんと、もうひとりのきょうだいである姉です。 兄は商売をしていました。コロナによる外出自粛は、兄の商売にも大きく影響していたようです。「資金繰りがもうどうにもならない…」兄は亡くなる直前、ずっとこう漏らしていました。玲子さんが兄を励まし続けたのも束の間、兄は急な病であっけなくこの世を去りました。 兄は、玲子さんに全財産を相続させるとする遺言を残していました。両親が亡くなった際に、兄は実家の土地建物を相続しており、これを玲子さんに託したかったのでしょうか。しかし、玲子さんは、商売をしていた兄の負債が気になるようになりました。 「そういえば、兄は、資金繰りに苦しんでいたはず。取引先に、支払っていないものはないのかしら。銀行からの借入れをしていたりしたのかな」 負債が大きく、支払いきれないものであれば、3か月以内に相続放棄をしなくてはいけないと聞いたことがあります。 玲子さんは、兄の負債調査や預金調査をすることが先決と思いました。 ●コロナ禍における相続財産調査は遅れがち… しかし、銀行の勤務体系もコロナシフトを敷いており、通常、1週間もあれば確認できる預金の残高証明書の交付請求は、3週間はかかるというアナウンスを受けました。 負債の調査はどうしたらよいのでしょうか。玲子さんは、自分一人で行うのは限界を感じ、地元のS司法書士事務所に相談することにしました。 司法書士Sからは、負債の情報を取り扱っている信用情報機関への調査をすすめられ、その調査代行業務を同事務所に依頼しました。通常は1週間ほどで得られる情報が、やはりコロナによる遅延で、2週間以上かかるかもしれないとアナウンスを受けました。 相続放棄の3か月の期間を超えても大丈夫なように、S司法書士は家庭裁判所に対し、期間を伸ばす(3か月→6か月)手続きをしてしてくれました。

【関連記事】