Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岩田剛典・新田真剣佑出演「名も無き世界のエンドロール」公開日決定!特報映像や追加キャストも解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

岩田剛典、新田真剣佑らが出演する映画「名も無き世界のエンドロール」の公開日が、2021年1月29日(金)に決定。併せて特報映像とティザービジュアル、追加キャストが解禁された。 【写真を見る】岩田剛典、新田真剣佑“意味深な表情”でたたずむティザービジュアル解禁 「名も無き世界のエンドロール」は、行成薫の同名小説が原作。 お互いに親がいないキダ(岩田)とマコト(新田)、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)も加わり、3人は支え合いながら平和に生きてきた。 しかし“ある事件”をきっかけに、キダとマコトの人生は大きく変わってしまう。 自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、キダは裏の社会、マコトは表の社会で10年の時をかけのし上がり、命懸けで一世一代のたくらみを仕掛ける。 ■ この物語には“仕掛け”がある...特報映像解禁! 解禁された特報映像では、名も無き世界でお互いに支え合ってきた幼なじみのキダ、マコト、ヨッチの3人が仲良くじゃれ合う回想シーンが走馬灯のように映し出されるシーンから一変、キダとマコトのシリアスな表情が映し出され、“この物語には仕掛けがある”というメッセージと共に、緊張感あふれるシーンへと移る。 「俺はこのエンドロールを見届けなければならない、なあそうだろ?」と問い掛けながら鋭い表情で一点を見つめるキダの姿と共に、10年かけて、キダとマコトが企てた日本中を巻き込んだ“ある壮大な計画”へのカウントダウンの始まりを告げる時計の秒針の音で映像が締めくくられる演出となっている。 また、ナレーションは、主演の岩田が担当している。 ティザービジュアルでは、“名も無き世界”にいるかのような薄紫色の空の下に、意味深な表情でたたずみ、何かを思い、計画しているようなキダとマコトが切り取られている。 ■ 実力派俳優陣が集結! 中村アン演じるリサの父親で、世に多大な影響力をもつ大物政治家を石丸謙二郎が。 キダとマコトが働く自動車修理工場の社長でキダが裏社会に入るきっかけを作った人物を大友康平が。 キダを“交渉屋”へと育てる、裏の世界で暗躍する組織のトップを柄本明がそれぞれ演じる。 ■ あらすじ 複雑な家庭環境で育ち、寂しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。 しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。 そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。 住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。 キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めてこつぜんと姿を消してしまう。 2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。 マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命を懸けて協力することを誓う。 以来、キダは「交渉屋」として、マコトは「会社経営者」として、裏と表の社会でのし上がっていく。 そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。 しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった。(ザテレビジョン)

【関連記事】