Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ラクに目標達成する人」がやっている7つの習慣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHP Online 衆知(THE21)

「自分の時間がなくて、やりたいことができない」「色々と先延ばしにしたまま、月日だけが過ぎていく」……。このような「目標達成」に関する悩みを抱えて、日々悶々と過ごしている人は多いのではないでしょうか。  しかし、全国最年少(当時)で市議会議員に当選し、コンサルタントとして数々のプロジェクトを成功に導き、現在はAibnb Japan株式会社の執行役員を務める長田英知氏によれば、どんな目標も「100日」の実行計画を立てれば達成できる、と言います。  そこで今回は、そんな長田氏の著書『たいていのことは100日あれば、うまくいく。』(PHP研究所)の中から、目標設定が劇的にラクになる「7つのコツ」について語っていただきました。

目標設定のコツ1:目標設定は「SMART」に行うべし

 目標を立てる上で参考になるのは、「SMART」という考え方です。これは「目標設定において重要な5つのポイント」のそれぞれの頭文字を取ったもので、その中身は次のようなものです。 ・ポイント1:Specific(具体的に)  誰が読んでもわかる、明確で具体的な表現や言葉で書き表す ・ポイント2:Measurable(測定可能な)  目標の達成度合いが判断できるよう、その内容を定量化して表す ・ポイント3:Achievable(達成可能な)  希望や願望ではなく、その目標が達成可能な現実的内容かどうかを確認する ・ポイント4:Related(目的に即した)  設定した目標がその先に達成しようとしている目的に即したものである ・ポイント5:Time-bound(時間制約がある)  いつまでに目標を達成するか、その期限を設定する  わかりやすく言えば、自分が目標設定したとき「この目標は具体的か?」「測定可能か?」「達成可能か?」「(その先にある)目的に即しているか?」「期限は定めているか?」という5つの質問をすることで、不備のない目標設定をすることができるのです。

【関連記事】