Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

[浦和レッズ外国籍選手ランキング]MVP&得点王獲得のエメルソンを抑えての1位は…

配信

REAL SPORTS

過去20年間、浦和レッズで最も成功した外国籍選手は誰なのか? そこで今回は、独自の視点から2000年代に浦和に在籍した外国籍選手を5つの項目によってランキング。【出場試合数】【得点数】【個人タイトル数】の3項目の客観的データと、【インパクト】【人気】の主観的な2項目を取り上げ、長年浦和を取材する佐藤亮太氏が格付けした。もちろん、ここで紹介する項目だけで本当の意味での“成功”が決まるわけではないが、かけがえのない時間を共に過ごした選手たちへ思いをはせ、熱い気持ちを再びかき立てるきっかけになると幸いだ。 (文=佐藤亮太、写真=Getty Images)

公式戦出場試合数1位はやはりポンテ。意外な2位は…

【公式戦出場試合数】 1位:ポンテ 177試合 2位:エジミウソン 137試合 3位:エメルソン 127試合 4位:マルシオ・リシャルデス 115試合 5位:ズラタン 97試合 国内大会の公式戦(リーグ戦、リーグカップ、天皇杯の合計)出場試合数の1位はやはりMFポンテ。2位は意外といえば意外だが、忘れてはいけないFWエジミウソン。2008年にアルビレックス新潟から加入。2011年6月、クラブの事情に伴い、カタールリーグに移籍。いわゆる黄金期に活躍した選手に注目が集まる中、ポンテとともに苦しい時期をけん引した点取り屋だった。ただエジミウソンには実父が来日すると得点が取れないというジンクスがあった。ホームゲームはもちろん、毎日のように練習見学をしていた実父の前で得点できなかったのは心残りだったはずだ。

3位・FWエメルソンに続き、4位はエジミウソンと同じく新潟から加入したMFマルシオ・リシャルデス。印象に残るのは2013シーズン第21節の大分トリニータ戦。1-3の劣勢で迎えた後半2分、マルシオのフリーキックで1点差とし、逆転の足掛かりとなった。そして5位は、ライバル・大宮アルディージャからの禁断の移籍後、4シーズン在籍したFWズラタンと続いた。

【関連記事】