Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【東京無人島めぐり】上陸難易度はトップレベル、日本初の原生自然環境保全地域「南硫黄島」をご存じですか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

研究者も上陸が許されない島

 都心からはるか南方に位置する小笠原諸島――。  経済の中心地である父島までは竹芝埠頭(ふとう。港区海岸)からフェリーに乗って24時間ほどかかりますが、父島からさらに南へ300km先の海域には北硫黄島、硫黄島、南硫黄島の三つの島が浮かんでいます。 【地図】東京の南方へ約1300km、絶海の孤島「南硫黄島」の位置をチェックする  そのうち明治から昭和初期までふたつの集落が存在した北硫黄島、太平洋戦争時には激戦地ともなった硫黄島には人が定住した過去がありますが、南硫黄島は後述する例外を除き、これまで人間の定住を拒んできました。  島全体の平均斜度は45度。平地がほとんどない険しい地形に加え、島全体が天然記念物(天然保護区域)に指定されており、研究者ですら上陸が許されていません。上陸難易度は日本の離島のなかでもまさにトップレベル。それが南硫黄島という島なのです。

いくつもの気候帯が島に共存

 硫黄列島が東京府小笠原島庁管轄となり、それぞれの島名が定められたのは1891年(明治24)年のことでした。以降、数度の調査が行われますが、終戦後、南硫黄島は小笠原諸島のほかの島々とともに連合国軍占領下に置かれました。  1968(昭和43)年に日本に返還されると、1972年には天然保護区域に、さらに1975年には南硫黄島全域が日本初の原生自然環境保全地域に指定されました。  南硫黄島は他の島々から遠く離れているうえに、人間の手がほとんど加えられていないことから、特別な自然環境が残されてきました。  大変貴重な固有種が生息していることに加え、低地は熱帯・亜熱帯、中間は雲霧帯、頂上付近は温帯といういくつもの気候帯がひとつの島のなかに共存しているため、その生態系は多様で複雑。  厳しい自然環境に適応するため、虫や鳥類のなかには進化の途中にあるものも生息しているとされます。世界的に見ても大変貴重な自然環境が守られてきた島なのです。

2017年6月、16日間に渡る調査を実施

 2007(平成19)年6月には小笠原諸島の世界自然遺産登録を前に、実に25年ぶりとなる環境調査が実施。  それから10年後となる2017年6月13日からは、東京都と首都大学東京(現・東京都立大学。八王子市南大沢)、NHKによる共同調査が16日間に渡って実施されました。  このときの調査ではリュウキュウノミガイ属の新種が発見されたほか、過去の調査ではわずか1頭のみが確認された南硫黄島固有のゾウムシ、ミナミイオウスジヒメカタゾウムシが再発見されるなど、大きな成果を残しました。  また、このときはドローンを使った広範囲の調査も行われ、その結果、アカアシカツオドリの集団営巣地が国内で初確認されることにもなりました。

【関連記事】