Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「育てられないなら産むな!」 放置親への非難は事態をかえって悪化させる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オトナンサー

 東京都大田区で8日間、高松市では炎天下の車中で15時間…置き去りにされた幼い子どもが、命を失いました。こうした事件が起きるたびに、子どもを放置した親に対して「育てられないなら産むな!」という非難の声が上がります。子どもをかわいそうと思えばこその非難ですが、そう叫んでも問題の解決にならないばかりか、むしろ、事態を悪化させかねないということを考えていきます。 【画像】「こども六法」の保護責任者遺棄等の説明

「ひとごと」のままでいい?

「少子化問題が叫ばれています」などというフレーズは、もうかれこれ10年以上聞き続けていますが、一向に解消される気配がありません。2019年の出生数は1899年の統計開始以来、初めて90万人を切りました。減少ペースは、政府の試算を超えて早まってきているそうです。  出生数の問題と併せて問題となるのが、子どもへの身体的・精神的虐待やネグレクト(育児放棄)の問題です。近年、子どもの虐待死・放置死の事件が相次いで報道されています。現代の子どもは、生まれることも、大人まで育ててもらうことも一苦労というわけです。  このように「苦労している現代の親世代」という言い方をすると「いや、そんなの昔からそうだよ」「今の親は甘えている」という批判が必ずあるわけですが、議論の目標は少子化を解消すべく、「どうやったら、多くの子どもが大人まで安心して成長できるか」であり、その中には「どうやったら、現代の親世代が安心して子育てできるか」も含まれているのではないでしょうか。  育児に関する問題を、当事者である親世代の自己責任に背負わせるのは、子育てを終わった世代や筆者のようにまだ子育てを経験していない世代にとっては、とても「楽」です。「現役の親世代が子育てに苦慮していても、私たちには何の原因も責任もない」と思えますし、苦労して子育てを終えた世代は「私たちも苦労した。でも甘えなかったからこその喜びもあった。あなたたちもそうですよ」と優越感に浸ることもできるでしょう。  身体的・精神的虐待やネグレクトはもちろん許されませんが、虐待死や放置死のニュースを見る私たちは、どこかひとごとのような感覚でニュースに接していないでしょうか。

【関連記事】