Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ママはお仕事してるからダメ」襖一枚隔てた隣室でも・・・在宅ワーク中に起きたシッターの性犯罪

配信

FNNプライムオンライン

ベビーシッターが強制わいせつ行為で逮捕

私は少し緊張していた。 被害にあった女の子とそのご家族がお台場のフジテレビに到着するまであと数分。頭のなかで、この事件について思い返していた。 【画像】移送される荒井健被告…母親が感じていた違和感 「ベビーシッターが、預かり中に5歳の女の子に強制わいせつ行為で逮捕」 女の子の母親はもともと在宅ワークだったが、娘たちの保育園も新型コロナウイルスの影響で4月から休園となったため、仕事をするあいだ5歳の長女と1歳の次女の面倒を見てくれるベビーシッターを、マッチングアプリ『キッズライン』で募集した。 そこに応募してきた30歳のシッター、荒井健被告が4月から5月にかけ複数回にわたり、連れ出した公園のトイレで、また、あろうことか母が在宅勤務中の隣室でも、娘にわいせつな行為をはたらいていたというショッキングな事件である。 「まさか・・・」母親はそう思いながらも5歳の長女に尋ねた。そこで初めてこのベビーシッターの男のおぞましい犯行が明るみに出たのだ。 その時の驚きや悲しみはいかばかりであったろうか。考えるだけで胸が詰まった。 私も5歳と4歳の子供がいる。 そして我が家でもキッズラインは頻繁に使っているのだ。

被害にあった母娘との対面

その母親が、我々のインタビューの依頼を受けてくれた。 仮にAさんと呼ぶことにする。 タクシーから降りてきたAさんは1歳の次女を抱きながら笑顔で会釈をしてくださった。私はその明るい表情に正直ほっとした。ぴょこんとタクシーから降りた女の子が、きょろきょろと好奇心旺盛にあたりを見回している。こんな幼い子に・・・と私はまた苦しくなった。が、気取らせてはいけない。 「近くにレゴランドあるよ」そう話しかけると「行ったことある」と可愛く答えてくれる。 「でもね、レゴランドの電車は怖いからぜーったい乗らないんだ!」と何度も言いながら楽しそうにお父さんと妹とともにお台場散策に出かけていった。 インタビュー中はお父さんが子どもたちと過ごしてくれるという。彼女たちの後ろ姿を見送りながら、平和な休日の、ごく平和な家族の姿にしか見えないのに・・・そんな思いに駆られていた。

【関連記事】