Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DATS「意地と現実の狭間で何ができるのか」コロナ禍で感じた音楽の新たな形:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 DATSが25日、配信新アルバム『School』をリリース。トラックメイクを手掛けるMONJOE(Vo/Syn)を中心に2013年結成されたDATSは、結成翌年にはSUMMER SONIC主催の一般応募による出演オーディション「出れんの!?サマソニ」でクリマン賞を受賞。2018年6月、本編の全曲リミックスを付属したダブルアルバム『Digital Analog Translation System』でメジャーデビュー。『School』はバンド内で共通する懐かしさや青春を感じさせる“School感”にこだわって制作されたという。MONJOEに本作について中心に、変化する時代の空気感などもあわせて話を聞いた。【取材=平吉賢治】

新たなDATSとしての一歩

――MONJOEさんはどういった音楽を聴いてきましたか。  最初は中学時代に(米バンド)ニルヴァーナを聴いたところから始まって、それがバンドをやるきっかけにもなりました。そこから90年代の(英バンド)オアシスや(英バンド)レディオヘッド、(米バンド)レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどを聴いて音楽にどっぷり浸かるようになりました。そこから色んな音楽を聴くようになって、時期によってはプログレッシブロックやエレクトロミュージックなど、今は雑食というか色々なものを聴いています。 ――どのような聴き方をしているのでしょうか。  ストリーミングで色々なものが聴けるので、自分から聴きにいくというより、流れてきたものを聴くような感じです。 ――サブスク音楽配信サービスがおすすめしてくる音楽は鋭いところを突いてきますよね。  例えばSpotifyのアルゴリズムにハマッちゃうと、あれはあれで色んなものを教えてくれて最高なんですけど、同じようなものを聴いちゃうところもあると思うんです。だからある程度聴いたら意識的にそうじゃないのを自分から取っていくんです。そうしないと延々と同じようなものばかり聴くことになっちゃうので。 ――先ほどエレクトロミュージックも聴くとおっしゃっていましたが、どういったものを聴くのでしょうか。  最初はレディオヘッドがきっかけでした。初期は90年代のオルタナティブロックのサウンドアプローチだったのがどんどんアルバム毎に電子音を取り入れていって。 ――レディオヘッドは2000年頃からエレクトロ要素が広がっていきましたね。  その辺のアルバムを聴くようになってから、レディオヘッドのメンバーのトム・ヨークやジョニー・グリーンウッドなどが影響を受けているアーティストたちに興味を持つようになりました。そこから掘っていって高校の時にはリアルタイムで出てきた新しいものから、90年代にヒットしていた(英アーティスト)エイフェックス・ツインや(英アーティスト)スクエアプッシャーなどWarp(英レコードレーベル)とかのエレクトロを聴いていました。 ――そのあたりの音楽は、最近の世代の音楽にどう影響をおよぼしていると思いますか。  最近のバンドとかはエレクトロミュージックにどっぷり浸かってきたわけではないけど、自然とエレクトロ的なものを使いこなしているというのは世代的な特徴なのかなと思います。 ――アウトプットが早いような感じ?  普通にシンセサイザーとか使いこなしているみたいな。「こういう感じの曲がイケてるから使った」というか、そういうテンションで曲作りしている方はわりと多いなと思います。 ――MONJOEさんの場合は聴き込んだうえでのアウトプットと。  DATSではあまりそういう要素をそこまで落とし込んでいるわけではないんですけど、自分はそういうものが趣味でした。 ――ところで、9月4日におこなった東京・Ginza Sony Park主催のリモートライブ配信企画「Park Live」の感触はいかがでしたか?  ライブ自体が久しぶりでした。4人で会うのもリハーサルも9カ月ぶりだったから「新しくバンド組んだんじゃないか?」というくらいの感覚でした(笑)。ぶっちゃけライブの出来自体はメンバー全員満足していないんですけど、7曲中6曲が今作収録曲で、改めてそれらの曲をやってこれから新たなDATSとしての一歩を歩んで行くということは再認識できました。

【関連記事】