Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

12球団徹底分析ドラフト補強ポイント&ターゲット【セ・リーグ編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

ドラフトまで残り3カ月となり、各球団もそろそろ候補を絞りつつある。狙いは誰なのか。各球団の補強ポイントから探ってみよう。まずはセ・リーグから。 ※年齢は2020年満年齢 12球団徹底分析ドラフト補強ポイント&ターゲット【パ・リーグ編】

読売ジャイアンツ

2020ターゲット [1]中森俊介 将来のエースでスター候補 (投手/明石商高/18歳) [2]早川隆久 開幕即戦力の先発タイプ (投手/早大/22歳) 補強ポイント [投 手]未来型or即戦力投手 [捕 手]補強の必要なし [内野手]右打ちの二遊間 [外野手]長中距離砲  即戦力を求めるか、将来のエースとなり得る高校球界のスターにかけるか、難しい判断を迫られている。近年は、甲子園のスター選手を1巡目で指名している(抽選で外す)。チームを背負って立つ“球界のスター”の有無は死活問題で、今季で言えば投手の中森俊介(明石商高)がそれにあたり、同校の全体練習再開日の6月15日には、榑松伸介スカウト部次長ら3人が視察に訪れている。  ただし、中長期的に見ればこれ以上の素材はいないが、7月14日に「近未来の先発ローテ」の高田萌生を楽天に放出してまで、一軍実績十分の高梨雄平(中継ぎ左腕だが)を獲得したように、現場は即戦力を求めている。今季の新人がJR東日本出の右腕・太田龍以外、全員高校生だったことも無関係ではない。社会人では巨人二軍相手に好投を見せた右腕の小野大夏(Honda)や栗林良吏(トヨタ自動車)、大学生なら山崎伊織(東海大)、左腕なら総合力の高い早川隆久(早大)らが候補に挙がるか。

横浜DeNAベイスターズ

2020ターゲット [1]佐藤輝明 打線を背負う将来の主軸候補 (内・外野手/近大/21歳) [2]入江大生 先発ローテ担う即戦力の右腕 (投手/明大/22歳) 補強ポイント [投 手]先発右腕、抑え候補 [捕 手]補強の必要なし [内野手]将来の主軸候補 [外野手]将来の主軸候補  今季より佐野恵太が四番を務めてはいるが、主軸はロペス、ソトをはじめとした外国人に頼っているベイスターズ打線。将来を考えれば、クリーンアップを担うことができる和製大砲の育成が急務であることは明白だ。球団がマークするのが佐藤輝明(近大)。長打力のみならず、俊足さらに内・外野をこなせる点でも評価が高い。右のスラッガータイプでは牧秀悟(中大)もリストアップされているようだ。  投手では、サウスポーが並ぶ先発陣に即戦力の右腕を補強したい。中森俊介(明石商高)ら今ドラフトの目玉投手は当然チェックしているはずだが、ここに来て評価を上げているのが入江大生(明大)。六大学リーグでの通算成績は2勝ながら、昨秋は22回で25奪三振をマークするなど進化を遂げつつある。同大OBの森下暢仁(広島)クラスへの“大化け”も期待される。メジャー挑戦を公表する守護神・山崎康晃の後釜候補には、最速155キロの木澤尚文(慶大)の名前も挙がっている。

【関連記事】