Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘンリー王子、アメリカの永住権取得の申請は「おそらくしない」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

イギリス王室から離脱し、現在はLAを拠点としているヘンリー王子とメーガン妃。ヘンリー王子が外交官として永住権を申請する予定だという報道も出ていたが、イギリス出身の彼にとっては複雑な問題があるようだ。 【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間 ヘンリー王子が長期にわたってアメリカ国内にとどまるための方法は、いくつかある。だが、『タイムズ』紙によれば、王子がそのうち2つの選択肢を選ぶことはないという。それは、アメリカ人と結婚した外国人に認められている永住権の取得と、市民権の取得の2つ。 ある王室関係者は同紙に対し、「王子は二重国籍の取得を申請していません。今後、永住権(グリーンカード)の取得を申請することもないでしょう」と語っているそうだ。

移民問題を扱う法律事務所フラゴメン(Fragomen)のパートナー、パリサ・カラアーメットは『タウン&カントリー』誌に対して、次のように述べている。 「活動する分野において非常に大きな成功を収めていることを証明できる人の多くは、O-1(オー・ワン)ビザの発給を申請します」「ヘンリー王子はご自身が優れた能力を発揮できる分野(おそらく慈善活動、または同様のもの)で、ともに活動する組織にスポンサーになってもらえば、このビザを取得できるでしょう」 「ただ、O-1ビザの問題点は、定期的に更新する必要があるということです。そして、スポンサーとの関係が継続していることが、更新の条件になるということです」 O-1ビザの取得は決して難しくないとしても、アメリカにとどまるためなら、更新の手間など王子にとっては苦にならないかもしれない。

From TOWN&COUNTRY

【関連記事】