Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【東京グルメ2020】確かな技術で自由な発想を体現する、銀座のフレンチ。

配信

フィガロジャポン

ル・シーニュ|銀座

昭和を思わせる銀座の雑居ビルの6階に佇む隠れ家がここ、ル・シーニュだ。「伝統的なフレンチをベースに素材本来の味を生かした料理を心がけている」とはアラン・デュカスを師に持つ上野宗士シェフ。クエの一品は、バターやクリームのソースではクエの繊細な持ち味が消えるからと、その潮汁を活用。とろみも葛で付けるなど、現代の嗜好に合わせた調理法を所々に加味。ひと皿の構成ひとつにもシェフの技量が冴えわたる。 気鋭のシェフ、信太竜馬が手がける注目のグランメゾン。

<Le Signe|ル・シーニュ> 東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル6F tel:03-3571-0005  営)18時~20時L.O. 休)日、月 ※ほか夏季、冬季休業あり 要予約  www.facebook.com/lesigneginza ※店舗発信の情報を必ずご確認ください。 *「フィガロジャポン」2020年4月号より抜粋 ※店によって、別途サービス料がかかる場合があります。 ※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

photos : AKEMI KUROSAKA (STUH), texte : KEIKO MORIWAKI

【関連記事】