Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キム・カーダシアン、215億円でコティに株を売却、業務提携へ

配信

ELLE ONLINE

コスメブランド「KKW」を立ち上げ実業家として活躍しているキム・カーダシアン。今月初めに美容業界のコングロマリットのコティがブランドの買収に向けて動いていると報じられた。この交渉が正式にまとまったことが明らかに! 複数のマスコミがコティとキムが「長期的な戦略的パートナーシップを結んだ」と報じている。このパートナーシップによりキムは商品のラインナップを拡大、世界的にマーケットを展開していく計画だという。 このパートナーシップ締結に伴い、キムは所有する「KKW」の株の20パーセントをコティに売却する。その額は2億ドル(約215億円)! つまり「KKW」の評価額は10億ドル(約1,075億円)ということになる。株の過半数は引き続きキムが所有、経営権もキムが持つ。報道によるとコティは商品開発と市場開拓の知識やノウハウをキムに提供していく予定。

キムの異父妹カイリー・ジェンナーも昨年、事業拡大を視野に入れてブランド「カイリーコスメティクス」の株式51%を6億ドル(約65億円)でコティに売却したばかり。またキムの夫カニエ・ウェストもコスメ界に進出するため商標を申請している。コスメ界でのカーダシアン一家の勢力はますます大きくなりそう。

【関連記事】