Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

低価格で登場!精密な海底地形を把握できるサイドスキャンソナーを搭載したセキドの水中ROV

配信

@DIME

海洋国家である日本では、海底調査をスピーディーかつ低コストで行うことが求められている。そこでセキドは、日本国内初となる精密な海底地形把握を低価格で実現する水中ROVを発売した。 サイドスキャンソナー搭載水中ROV ROV本体はセキドが組み立て販売を行う米国 BlueRobotics 社製「BlueROV2」を基礎とし、海洋調査で定評のある英国 BluePrint Subsea 社製サイドスキャンソナーを統合させることで、従来同じ用途で使用されていた機材と比較して大幅に低価格を実現。 サイドスキャンソナーはセキドが専用設計したマウントにより搭載され、計測に理想とする角度を実現している。ROV本体のサイズを大きく超えることがないため、航行性能に影響はなく、従来のカメラ画像を使用した通常業務も可能だ。速度と深度を一定に保ち、従来では実現し得なかった、一貫性のある高い精度のデータを得ることが可能になった。 計測データは操縦に使用している従来のコンピューターにソフトウェアをインストールするだけで計測可能で、コンピュータとの接続はUSBケーブル1本のみと、ハードウェアリソースの消費を抑えている。 参考価格:2,000,000円(税抜) ※用途・目的に応じて仕様を選択できる。 構成/ino

@DIME

【関連記事】