Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

旬の味覚とエレガントなヴィジュアルの秋パフェ8選。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

食欲の秋と、芸術の秋──両方の魅力を併せ持つ秋パフェが、続々登場している。旬の味覚とエレガントなヴィジュアルは、季節の移ろいを感じさせてくれるはず。シャインマスカットや梨、栗、柿から、キャラメル、チョコレート、獺祭まで、味わい豊かなとっておきのアートなご馳走を堪能して。

1.「獺祭」のフルーティーな味わいがマッチ。/OGA BAR by 小笠原伯爵邸

小笠原長幹伯爵がかつて暮らしたスパニッシュ様式の館のスペインレストラン「小笠原伯爵邸」に併設された「OGA BAR(オガバル)by 小笠原伯爵邸」では、ペストリーシェフ四方裕次郎氏による季節限定のデザートを提供している。国産の果物や花がもつ旬の瑞々しい味わいや香りを重ねて仕立てたデザートが、テイクアウトとイートインで楽しめる。 10月末までは、日本酒「獺祭」とのコラボシリーズの第2弾として、フルーティーな味わいの「獺祭」に、秋ならではの岡山県産シャインマスカットと千葉県産和梨を合わせた贅沢なパフェが登場。 大粒のシャインマスカットと和梨の果実に加え、和梨のソルベとパンナコッタ、そして獺祭のアイスクリームを合わせた。獺祭のアイスクリームには「純米大吟醸 磨き三割九分」、獺祭の酒粕と酒米、山田錦を使用。食感のアクセントに、酒米・山田錦を甘く炊いたリオレを使用し、さらにパフェの上には山田錦をパリパリに焼いたチップを飾った。 純米大吟醸 磨き三割九分を泡状に仕立てた獺祭のエスプーマをゲストの目の前で仕上げるプレゼンテーションも魅力的。 口に入れた瞬間、瑞々しく、フルーティーな獺祭ならではの香りが鼻を抜ける。

2. カシスとベリーで描く、秋の風景。/エンポリオ アルマーニ カフェ 青山

季節ごとに食材が変わる「エンポリオ アルマーニ カフェ 青山」の月替わりの「季節のパフェ」。9月は、秋の景色を想像させる、深紅と黄金色のルックスの「フリュイルージュの秋色パフェ」が登場している。 さわやかな酸味のカシスシャーベット、キャラメルのような味わいのブロンズチョコレートジェラートの下に、ベリーの果実を組み合わせた。香ばしくザクッとした食感も楽しいメープルクランブルや、濃厚なバニラクリーム、ほんのりアルコールを効かせたプロセッコゼリーに続き、一番下にあるカシスソースがすっきりとした後味。 トッピングにはパリパリとした食感のパータフィロカラメリゼや、楓の葉を模った薄焼きクッキーを飾り、アルマーニらしく見た目にもエレガントな秋を感じるひと品。

【関連記事】