Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第2、第3波の備えに…全自動のPCR検査装置に注目集まる 時間短縮、感染リスク減 千葉県松戸市のメーカーが開発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を巡り、千葉県松戸市のメーカーが開発した全自動の検査装置が注目されている。検体を装置に入れれば自動で検査できるため、医療従事者の感染リスク減や時間短縮につながる。国内販売に向け厚生労働省に保険適用を申請中。第2、第3波に備え検査数を増やす手だてとして、病院など300施設への導入を目指す。  装置を製造しているのは精密機器メーカー「プレシジョン・システム・サイエンス」(松戸市上本郷)。同市の本郷谷健次市長の訪問に合わせ、田島秀二社長が25日、報道陣の取材に応じた。  これまで多くの工程を手作業で行っている検査を全自動で実施。場所を取らないため病院内に置くことができ、検体を検査機関に運ばずに結果が出せる。  8検体を2時間弱で検査する装置(参考価格850万円)と、12検体を2時間40分で検査する装置(同1250万円)があり、12検体を検査する装置はフランスなどですでに500台が導入された。大病院など向けの24検体を検査する装置(同2千万円)を開発中。

 田島社長は「検査時間は1時間以内に縮められる可能性がある」と説明。唾液を検体に使えるようになることは「ものすごいチャンス。精度としては負けない感度がある」と述べた。  従来の鼻の奥から採取する方法は、くしゃみなどによる医療従事者の感染リスクが大きく、検査数が増えない要因の一つだった。患者が自宅で唾液を採取し検査に全自動装置を使えば、感染リスクを低減できる。  第2波、第3波への備えでは「感染の広がりを大量に早期に調べるため、24検体の大きな装置を開発し いる。別の装置と組み合わせる工夫で1日何万、何十万検体の検査も不可能ではない」と紹介した。  秋田県大館市にある製造子会社で大型装置の月40~50台への増産に向けライン増設に取り組んでいる。  本郷谷市長は「最先端の技術を持つ企業が市内にあるのは誇り。認可されれば市立病院で使いたい」と述べた。  同社は1985年設立。91年に松戸市内に研究所を設け、2001年に本社と研究所を市内に集約した。従業員は166人。

【関連記事】