Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アストンマーチン、変革の時。資産家ローレンス・ストロール参入で新たな時代に突入

配信

motorsport.com 日本版

 今やイギリスで最も印象的なブランドのひとつとしても知られるアストンマーチン。その起源は非常に特殊なものだった。 【フォトギャラリー】F1参入で行く末は不透明に…アストンマーチンのハイパーカー(写真12枚)  1878年に裕福な家庭に生まれたライオネル・マーチンは、車輪のついた乗り物の魅力に取り憑かれていた。彼が最初に目を向けたのは自転車。そして自動車の技術が発達し、人気が高まるにつれて彼の関心は自動車に移っていった。  4輪自動車の運転を好んだマーチンだったが、警察のお世話になることも多く、2年間の運転禁止を受けることもあった。彼は移動手段、そして趣味としても再び自転車に傾倒するようになり、そこでサイクリング愛好家のロバート・バムフォードと出会った。  エンジニアであったバムフォードとマーチンはすぐに仲良くなった。やがて彼らは共同でビジネスを始めることとなり、1913年に『バムフォード・アンド・マーチン株式会社』を設立し、ロンドンのガレージでチューニングを行ないながら、自動車やバイクの販売を始めた。  そして彼らは“シンガー”と呼ばれるクルマでレースに参加し、アストンヒルで行なわれたタイムトライアルイベントで成功を収めた。それによって社名は『アストンマーチン』に改称された。  そしてすぐに、アストンマーチン最初のプロトタイプ車が生産された。その形状から“石炭バケツ”という愛称がつけられたそのマシンは、競技用に作られたふたり乗りのマシンだった。イソタ-フラスキーニのシャシーにコベントリー-シンプレックスの4気筒エンジンを積んだもので、各地のレースを転戦していったのだ。 ■苦難を乗り越え、高い地位を築く  順調なスタートを切ったかに見えたアストンマーチンだったが、すぐに困難に直面する。第一次世界大戦の勃発だ。他の駆け出しの自動車メーカーと同じように、アストンマーチンも一時的に生産を停止せざるを得なくなった。そして財政上の問題により、1925年には管財人の管理下に置かれることとなった。  しかしながらアストンマーチンは手を替え品を替え、レースへの取り組みを続けることになる。その結果、1959年にはロイ・サルバドーリとキャロル・シェルビーのコンビが3LのDBR1を駆り、ル・マン24時間レースで総合優勝を達成。ブランドとしての高い評価を築くことになる。  アストンマーチンは20世紀を通して様々な変化を遂げた。同社は後にDB5のようなロードカーに焦点を当てたが、この車を1964年に公開された『007 ゴールドフィンガー』でショーン・コネリーが操ったことにより、アストンマーチンの評判はさらに高まることになった。その後もヴァンテージやDB9といったモデルを発表し、アストンマーチンは高級パフォーマンスカーブランドの代名詞となっている。  とは言え、モータースポーツは長きに渡り、自動車メーカーのアイデンティティを構成する重要な要素であり続けている。2004年にアストンマーチンはエンジニアリンググループのプロドライブとパートナーシップを締結。このコンビはル・マン24時間のGTクラスで優勝を重ねるなど、多くの成功を収めた。  そして今、アストンマーチンはレース戦略における転機を迎えている。

【関連記事】