Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンローランがパリでの春夏ショーを中止に 新たなアプローチを明かす

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、サンローラン(Saint Laurent)がパリコレでは2021年春夏ランウェイショーを行わず、今年は独自のスケジュールで開催すると発表した。同ブランドが27日朝、インスタグラムで新たなアプローチをとることを明かし、少なくとも今年は新システムで行うと説明した。 【写真】ルイ・ヴィトンやアルマーニも! 新型コロナウイルスとの戦いに力を入れるファッション&ビューティブランド 「現在の状況とそれによって抜本的な変化の波が起こっていることを鑑み、サンローランは独自のペースでスケジュールを作り直すことを決定しました。当ブランドは、これまで以上に独自のリズムで進み、時間というものの価値を正当に評価し、それぞれ独自のスペースで生活を送る世界中の人々とより近づくことでつながっていきます」

「この戦略をしっかりと整え、サンローランは2020年分として既に決められていたスケジュールでは一切ショーを開催しないことにします。サンローランは独自のカレンダーで、創造性を原動力にした最新の視点を持つプランに従ってコレクションをローンチします」

サンローランがキャットウォークショーを行うのか、あるいはもっと親密なやり方をチョイスするのか、今後は完全にバーチャルなアプローチでコレクションを披露するのかなどはわからない。いずれにしても、ここ何シーズンもエッフェル塔の前でショーを開催し、いつも壮大なスケールで見せる同ブランドにとって、ドラマチックな変化になるのは間違いない。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】